電子メール暗号化市場、2027年に79億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の電子メール暗号化市場は、2021年に20億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は25.97%のCAGRで成長し、2027年には79億米ドル規模に達すると予想されています。

電子メールの暗号化とは、電子メールの内容を暗号化して偽装し、不正なアクセスから保護する認証メカニズムを指します。電子メールは、安全が確保されていないネットワークや公共のネットワーク上でハッキングされる可能性がある、非常に脆弱な通信手段です。暗号化は、現代における主要なデータセキュリティソリューションの一つです。暗号化は、電子メールの内容がネットワーク上で転送される際に、読み取り不能にすることで安全を確保するものです。この方法は主に暗号技術に依存し、ユーザーはメッセージを復号化するための鍵を公開します。電子メールの暗号化は、意図しないユーザーによる重要な機密データへのアクセスを防ぐことができるため、組織と個人の双方にとって不可欠なツールです。

市場の動向

クラウドベースのサービスに対する需要の高まりと、データセキュリティに対する懸念やプライバシーに関する規制の強化が、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。さらに、フィッシングやスパムメールの頻発も、市場にプラスの影響を与えています。企業組織や個人による電子メールサービスの利用が大幅に増加したことで、未承認・未確認の情報源がコンテンツにアクセスする確率が高まっています。このため、消費者は、機密データを損失や不正操作から保護するために、電子メールの暗号化を導入するようになりました。さらに、マルウェア、スパム、ウイルス、BEC(Business Email Compromise)などのサイバー脅威や攻撃を防ぎ、企業の機密情報を漏えいさせないようにすることもできます。さらに、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、医療業界の隆盛も、市場の成長を牽引しています。これらの業界の企業は現在、データをクラウド上に保存し、暗号化サービスの従量制モデルで運用しています。これにより、組織の多様なニーズに対応する柔軟性と拡張性がもたらされ、ユーザーにとってのライセンスやメンテナンスのコストとともに、社内のIT担当者への依存度が低減されます。

主要な市場区分

世界の電子メール暗号化市場は、暗号化タイプ、導入形態、コンポーネント、エンドユーザー、企業規模、地域に基づいて細分化されています。

暗号化タイプ別の市場区分

エンドツーエンドの電子メール暗号化

ゲートウェイメール暗号化

バウンダリーメール暗号化

ハイブリッド型電子メール暗号化

クライアントプラグイン

導入形態別の市場区分

オンプレミス

クラウド型

コンポーネント別の市場区分

ソリューション

サービス

トレーニング・教育

サポート・保守

エンドユーザー別の市場区分

BFSI

ヘルスケア

政府機関

IT&テレコム

その他

企業規模別の市場区分

中小企業

大企業

地域別の市場区分

北米

アジア太平洋地域

欧州

中東・アフリカ

中南米

市場の競合状況

世界の電子メール暗号化市場における主要な企業としては、Cisco Systems、Proofpoint、Symantec、Trend Micro、Zix、Cryptzone、DataMotion、Echoworx、Egress Software Technologies、Entrust、Greenview Data、HPE、McAfee、Microsoft、Sophos、Virtru、WatchGuard Technologiesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]