プリプレグ市場、2027年に168億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のプリプレグ市場は、2021年に104億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.10%のCAGRで成長し、2027年には168億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

プリプレグは、触媒樹脂をあらかじめ含浸させた繊維シートの強力なラミネート複合材です。織物繊維とフェノール、エポキシ、ポリアミド、熱可塑性樹脂などの熱硬化性樹脂を使用し、ホットメルトと溶剤浸漬のプロセスで製造されます。溶媒浴で樹脂を溶かし、その樹脂溶液に補強布を浸します。プリプレグは、高い引張強度、安定性、火災、疲労、腐食、湿気、化学薬品に対する耐性などを備えています。そのため、自動車、医療、航空宇宙、防衛、電気など、さまざまな産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

世界中の航空宇宙産業における著しい成長は、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。プリプレグは、その高い物理的強度と構造的性能により、エアダクト、バー、シート、トレーリングエッジ、キャビンライニング、プレナム、ブラケットの製造に広く使用されています。さらに、エポキシマトリックスと自己接着性を持つ一方向性炭素繊維で構成され、ワンステッププロセスで金属との接着を可能にするカーボンプリプレグパッチの上市など、さまざまな製品イノベーションが市場成長を大きく後押ししています。さらに、自動車産業で広く製品が導入されていることも、市場成長に好影響を与えています。プリプレグは、剛性や引張強度が高く、軽量であることから、軽量部品や天井材、インストルメントパネルなどに広く使用されています。この他にも、広範な研究開発(R&D)活動や、自転車、釣り竿、テニスラケットなど、さまざまなスポーツアクセサリーの製造への製品利用の増加が、市場の成長へ向けた推進力となることが予想されています。

主要な市場区分

プリプレグの世界市場は、樹脂タイプ、繊維タイプ、製造プロセス、最終用途産業に基づいて細分化されています。

樹脂タイプ別の市場区分

熱硬化性樹脂

熱可塑性樹脂

エポキシ樹脂

その他

繊維タイプ別の市場区分

カーボン

ガラス

アラミド

製造プロセス別の市場区分

ホットメルトプロセス

溶剤浸漬プロセス

最終用途産業別の市場区分

航空宇宙・防衛

自動車

電気・電子

風力発電機

スポーツ用品

その他

市場の競合状況

プリプレグの世界市場における主要な企業としては、Axiom Materials Inc. (Kordsa Incorporated), Composites One LLC (Synergy55 Inc.), Gurit Holding, Hexcel Corporation, Mitsubishi Chemical Corporation, Park Aerospace Corp, SGL Carbon SE, Solvay S.A., Sunrez Corporation, Teijin Limited, Toray Industries Inc., Ventec International Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]