金属加工油剤市場、2027年に133億米ドル規模到達見込み

市場の概要

金属加工油剤の世界市場は、2021年に105億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.19%のCAGRで成長し、2027年には133億米ドル規模に達すると予想されています。

金属加工油剤(MWF)とは、機械加工、研磨、フライス加工中の金属片の潤滑や冷却に使用される様々な液体やオイルのことを指します。MWFは、切削工具とワークピースの間の摩擦や熱を減らし、発煙や燃焼を防ぐとともに、腐食を抑制します。これらの液体は、金属の切断や成形を行う機械工場で、世界中で幅広い用途が見いだされています。さらに、潤滑性を維持し、磨耗や熱変形の可能性を低減し、溶接工程で優れた表面仕上げと質感を実現することで、自動車の部品寿命を延ばすのに役立っています。

市場の動向

自動車産業の隆盛が市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。金属は、自動車に構造的強度と耐久性を与えるために広く使用されています。そのため、金属加工油剤は金属の除去、化学処理、保護、および工具の全体的な作業時間の強化のために必要とされています。さらに、自動車の改造に対する消費者の支出の増加が、市場の成長を促しています。また、従来の金属合金からステンレス鋼、アルミニウム、チタンへの嗜好のシフトも、市場をさらに牽引すると予測されます。これらの金属は、軽量で長持ちする特徴を機器に与え、市場で非常に注目されています。さらに、機器のエネルギー効率を確保する金属部品をより大量に生産するために、相手先商標製品メーカー(OEM)が行う研究開発活動の増加も、今後数年間の金属加工油剤の需要を押し上げると予測されています。

主要な市場区分

金属加工油剤の世界市場は、製品タイプ、供給元、最終用途、流体タイプ、産業、地域に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

除去液

成形液

保護液

処理液

供給源別の市場区分

鉱物性

合成

バイオベース

最終用途別の市場区分

輸送機器

機械

第一次金属

金属加工品

金属缶

その他

流体タイプ別の市場区分

非鉄金属用切削油

水溶性切削油

水溶性切削油

半合成切削油

合成切削油

防錆油

その他

産業別の市場区分

建設

電気・電力

農業

自動車

航空宇宙

その他

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

北アメリカ

欧州

中東・アフリカ

中南米

市場の競合状況

金属加工油剤の世界市場における主要な企業としては、BP、Chevron、Houghton International、ExxonMobil、Total S.A.、Apar、Hindustan Petroleum Corporation Limited、Castrol Limited、Indian Oil Corporation Limited、Lubrizol、Gazprom、Pertamina、Columbia Petro、Petro Lubricants International、Quaker Chemical Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]