ポリマー安定剤市場、2027年に86億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のポリマー安定剤市場は、2021年に65億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.60%のCAGRで成長し、2027年には86億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ポリマー安定剤は、ポリプロピレン、ポリエチレン、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)などのポリマーやさまざまなプラスチックに使用される化学添加剤で、ラジカル反応や酸化劣化を抑制するために使用されます。また、製品の欠陥除去や脱色、紫外線の安定化にも効果があります。これにより、プラスチック製品の物理的特性を維持したまま、より速く生産することができます。ポリマー安定剤は、長寿命、柔軟性、リサイクル性、信頼性を提供するため、さまざまな最終用途産業で幅広い用途が見いだされています。現在、酸化防止剤、光安定剤、熱安定剤など、さまざまな種類のものが市販されています。

市場の動向

自動車、商業、建設、包装など、さまざまな業種でポリマー安定剤が広く採用され、プラスチック製の製品やパックの寿命を延ばしていることが、市場を成長へと牽引する重要な要因の一つとなっています。便利な食品やインスタント食品の製品や包装材を劣化から守るために、ポリマー安定剤などの紫外線(UV)、環境に優しい、耐熱性のコーティング成分への需要が増加していることも、市場の成長をさらに促進しています。これに伴い、ポリエチレン(PE)やポリエチレン(PP)の連鎖切断、架橋、表面クラッキングを抑制するためのヒンダードアミン系光安定剤(HALS)の需要増も、成長を促進する要因として作用しています。消費者の環境意識の高まりにより、不動産や建設分野で環境負荷の少ないエネルギー効率の高いプラスチックへの要求が高まっていることも、市場の成長をさらに後押ししています。また、建設活動の活発化により、パイプ、継手、導管、デッキ、屋根の製造におけるポリマー安定剤の使用が増加し、市場の成長を促しています。その他、トンネルやマルチング、極端な高温から作物を保護するための農業分野でのポリマー安定剤の使用などの要因も、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

ポリマー安定剤の世界市場は、製品タイプおよび最終用途産業に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

酸化防止剤

熱安定剤

光安定剤

その他

最終用途産業別の市場区分

パッケージング

自動車

消費財

建築・建設

その他

市場の競合状況

ポリマー安定剤の世界市場における主要な企業としては、Adeka Corporation, Albemarle Corporation, Baerlocher GmbH, BASF SE, Chitec Technology Co. Ltd., Clariant AG, Evonik Industries AG, R.T. Vanderbilt Holding Company Inc., SABO S.p.A., Solvay S.A., SONGWON Industrial Co. Ltd., Valtris Specialty Chemicalsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]