建設用レーザー市場、2027年に31億米ドル規模到達見込み

市場の概要

建設用レーザーの世界市場は、2021年に23億3,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.70%のCAGRで成長し、2027年には31億米ドル規模に達すると予想されています。

建設用レーザーは、原子や分子を刺激して特定の波長で発光させる連続レーザービームです。ポンプ(エネルギー源)、利得媒体、光共振器を形成するミラー、共振器反射、出力カップラーで構成されています。一般的に使用される建設用レーザーには、ロータリーレベル、ライナーレベル、プラム・ドットレーザーがあります。これらは、垂直方向や水平方向の領域でレベル点に実線を投影する装置の精度に平準化されています。建設用レーザーは広範囲に棚、キャビネットを配置し、椅子の手すりを設置して、排水システムの輪郭を描き、ドロップ天井を設置し、壁にパイプを配管する際に使用されています。建設用レーザーは、掘削、フェンスの位置合わせ、土地の高さの確認などにおいて、精度・品質の向上と即時の情報提供を実現します。

市場の動向

世界中でインフラ整備プロジェクトが増加していることは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。建設用レーザーは、プロジェクトの精度を高め、人的ミスを減らすために広く使用されています。これに伴い、スマートシティの開発において、長持ちする高品質な建築物を提供するための製品利用が普及していることが、市場成長に好影響を与えています。さらに、作業時間の短縮、情報の即時提供、品質管理の向上、現場での手直しの削減を支援する3次元(3D)建設レーザースキャナーの導入など、さまざまな技術的進歩が市場の成長に拍車をかけています。さらに、配管、四角形化、水平化などの手動手順を支援するために、請負業者や土木技師の間で製品の需要が増加していることが、市場成長に好影響を与えています。この他にも、既存のインフラの改善や、インフラ開発を促進するためのさまざまな政府の取り組みが実施されていることが、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

建設用レーザーの世界市場は、製品とレンジに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

ロータリーレベルレーザー

ライナーレーザーレベル

プラム・ドットレーザー

その他

レンジ別の市場区分

1-100ft

101-200ft

201ft以上

市場の競合状況

建設用レーザーの世界市場における主要な企業としては、AdirPro、Hilti Corporation、Johnson Level & Tool Manufacturing Co. Hultafors Group)、Kapro Industries Ltd.、PLS Pacific Laser Systems LLC(Danaher Corporation)、 Robert Bosch Gmbh、Stabila Messgerate Gustav Ullrich GmbH、Stanley Black and Decker Inc.、 Topcon Corporation、 Trimble Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]