食品安定剤市場、2027年に87億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の食品安定剤市場は、2021年に66億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.70%のCAGRで成長し、2027年には87億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

食品安定剤は、食品の食感、構造、品質を維持するために、混合されていない食品原料に塗布または噴霧される化学物質または添加物材料です。タンパク質、甘味料、緩衝塩、アルギン酸塩、ハイドロコロイド、ビタミン、ミネラル、乳化剤などが含まれます。これらは、植物、動物、海藻など、天然および合成の原料から広く得られます。食品安定剤は、サラダドレッシング、アイスクリーム、ゼリー、ヨーグルト、ジャムなどによく使用されています。カラギーナン、ペクチン、塩化カルシウム、ゼラチン、寒天などは、食品に広く使用されている安定剤の一部です。これらの安定剤は、製品の形状、一貫性、および色の保持を支援します。また、時間を節約し、製品の栄養価や鮮度を維持するのにも役立っています。その結果、食品安定剤は、乳製品、肉、鶏肉、飲料、ベーカリー、菓子製品の製造に広く使用されています。

市場の動向

簡易食品に対する世界的な需要の高まりは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。食品安定剤は、製品の保存性を高め、物理的・化学的特性を保持するために広く使用されています。これに伴い、多忙なライフスタイルやスケジュールにより、即席スナックや冷凍食品、市販のフルーツジュース、パッケージ食品への消費者の嗜好の変化が、市場の成長を後押ししています。さらに、健康への影響が少なく環境に優しい天然素材やバイオベースの食品安定剤の上市など、さまざまな製品イノベーションが市場成長に拍車をかけています。さらに、ミドルカロリーやゼロカロリーの飲料の味を向上させるために、食品・飲料(F&B)業界で広く製品が導入されていることが、市場成長に好影響を与えています。これに加えて、消費者の支出能力の向上が、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の食品安定剤市場は、供給源、機能、用途に基づいて細分化されています。

供給源別の市場区分

植物

海藻

微生物

動物

合成

機能別の市場区分

食感向上

安定化

保湿

その他

用途別の市場区分

乳製品・酪農製品

菓子類

コンビニエンスフーズ

ベーカリー製品

肉・鶏肉製品

飲料

ソース・ドレッシング

その他

市場の競合状況

世界の食品安定剤市場における主要な企業としては、Advanced Food Systems Inc.、Archer Daniels Midland Company、Ashland Inc.、Cargill Incorporated、Chemelco International B.V.、Crest Foods Co. Inc.、Glanbia plc、Kerry Group plc、Koninklijke DSM N.V.、Nexira、Palsgaard A/S、Tate & Lyle PLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]