仮想発電所市場、2027年に44億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の仮想発電所市場は、2021年に10億5,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は25.70%のCAGRで成長し、2027年には44億7,000万米ドル規模に達すると予想されています。

仮想発電所(VPP)は、異種分散型エネルギー資源(DER)の能力を集約し、発電プロセスを強化する分散型ネットワークです。再生可能なエネルギー源から電力を生成するために、エネルギーをバッテリーに集約して循環させることで、スムーズな電力供給を実現します。VPPは、電力為替レート、系統情報、天気予報などの過大なデータを処理する中央制御システムを備えています。そのため、既存電源からの最適な発電、信頼性、二酸化炭素排出量の削減など、さまざまなメリットを提供することができます。

市場の動向

バイオマス、水力、太陽エネルギーなど、さまざまな再生可能エネルギー源を発電に広く導入することは、世界の仮想発電所市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。クラウドベースのソリューションやモノのインターネット(IoT)など、複数の先進技術の統合や、集中型発電から分散型発電への緩やかなシフトが、市場の成長に寄与しています。また、環境意識の高まりや持続可能な開発への注力により、温室効果ガス(GHG)排出を抑制するための再生可能技術導入に向けた各国の政府による数多くの取り組みが、市場に明るい展望をもたらしています。また、主力企業間の戦略的提携や、仮想発電所の新モデルを導入するための研究開発活動への投資が増加していることも、市場を牽引する要因となっています。その他、電気自動車(EV)の需要増加、既存のスマートグリッドインフラの改善、特に新興国における電力分野の改革に向けた取り組みなどが、世界的に市場に明るい展望をもたらすと予想されています。

主要な市場区分

世界の仮想発電所市場は、技術、供給元、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

技術別の市場区分

分散型発電

デマンドレスポンス

ミックスアセット

供給元別の市場区分

再生可能エネルギー

コージェネレーション

エネルギー貯蔵

エンドユーザー別の市場区分

工業

商業

住宅

市場の競合状況

世界の仮想発電所市場における主要な企業としては、ABB Ltd., AGL Energy Ltd., Autogrid Systems Inc., Enel Spa, Flexitricity Limited (Reserve Power Holdings (Jersey) Limited), General Electric Company, Hitachi Ltd., Next Kraftwerke GmbH, Osisoft LLC (AVEVA Group plc), Schneider Electric SE, Siemens Aktiengesellschaft, Sunverge Energy Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]