リテールアナリティクス市場、2027年に182億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のリテールアナリティクス市場は、2021年に61億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は20.6%のCAGRで成長し、2027年には182億米ドル規模に達すると予想されています。

リテールアナリティクスは、在庫レベル、売上、消費者需要、サプライチェーンの動きに関する分析データを提供するプロセスです。企業が、改善の余地や必要性のある異なる分野のデータを組み合わせることで、新たなトレンドや嗜好の変化など、顧客のインサイトを特定するのに役立ちます。リテールアナリティクスは、迅速かつ効果的な意思決定プロセスを可能にすることで、在庫レベルの維持と企業の能力向上を実現する最も強力なツールの一つとなっています。

市場の動向

コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行が続く中、消費者行動、製品需要、物流サービスの可用性に大きな影響が及んでいます。その結果、店舗オーナーは、リスクを評価し、適切な再開戦略を立てるために、リテールアナリティクス・ソリューションを導入しています。例えば、米国の統合ワークスペース管理システム会社であるTangoは、小売店の位置可視化ツールを使って、ロックダウン中に店舗がコロナウイルスにどれだけさらされたかを分析できるようにしています。これとは別に、電子商取引や小売業界の成長に伴い、クラウドベースのリテールアナリティクス・ソリューションが広く導入されています。これは、大量のデータを処理するオンデマンドのコンピューティングパワーを小売業者に提供し、短期間で有益な洞察を提供するためです。これに加えて、ビッグデータと予測分析モデルの出現により、アプリ、センサー、ソーシャルメディアプラットフォーム、その他のチャネルにまたがるデータ統合を通じて、小売業者は将来の結果を予測することができるようになりました。小売業界の大手企業は、高度な分析ソリューションを選択しており、これが市場の成長にプラスの影響を与えています。例えば、世界的なファッション小売企業であるGap Inc.は、Oracle Corporationが提供するRetail Merchandising Foundation Cloud Service(RMFCS)を導入し、店舗運営の簡素化と顧客満足度の向上を実現しています。

主な市場区分

世界のリテールアナリティクス市場は、機能、コンポーネント、導入形態、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

機能別の市場区分

顧客管理

店舗内オペレーション

戦略・計画

サプライチェーンマネジメント

マーケティング・マーチャンダイジング

その他

コンポーネント別の市場区分

ソフトウェア

サービス

導入形態別の市場区分

オンプレミス

クラウド型

エンドユーザー別の市場区分

中小企業

大企業

市場の競合状況

世界のリテールアナリティクス市場における主要な企業としては、1010data Inc. (Advance Publications Inc.), Adobe Inc., Altair Engineering Inc., Flir Systems Inc., Fujitsu Limited, International Business Machines Corporation, Information Builders Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]