製品情報管理(PIM)市場、2027年に202億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の製品情報管理(PIM)市場は、2021年に105億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.47%のCAGRで成長し、2027年には202億米ドル規模に達すると予想されています。

製品情報管理(PIM)とは、製品情報の管理と一元化に利用されるシステムまたはシステムの集合体を指します。製品のマーケティングや販売に必要なデータ、コンテンツ、その他の資料の取り扱いや、社内利用のための高品質なデータ作成が含まれます。電子商取引では、商品カタログを一貫した正確な情報で管理するために使用されています。PIMは、カタログ管理、ビジネスプロセス管理(BPM)、データ品質と組み合わせることで、複雑なデータを識別・分類し、目的の流通チャネルに転送することができます。そのため、小売、製造、医療、情報技術(IT)、通信、銀行、金融サービス、保険(BFSI)など、さまざまな業種に幅広い用途が見いだされています。

PIMは、商品説明や仕様の充実、進捗状況や商品の完成度の確認、画像や文書、メディアと商品のリンク、商品やファイルの細分化、上流データの管理、販売チャネルへの準備、商品シートの作成と公開、ブランドポータルの作成とメンテナンスの自動化などに役立っています。また、エラーや重複の削減、サプライヤーデータの迅速な取り込みと仕分け、無駄な間接費や資源投入の削減、顧客満足度とロイヤルティの向上、製品提供形態の持続的拡大、優れたコンテンツとアクセス可能なデータによる販売拡大、ボトルネックやデータサイロ、手動によるデータ入力や更新の排除を実現します。

COVID-19による電子商取引分野の急成長が市場成長を促進

現在、デジタル化の進展に伴い、業界全体でデータの一元管理ツールに対する需要が高まっていることが、PIM市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。PIMは、集中管理されたデータベースへの安全かつ確実なアクセスを提供しながら、製品に関連するデータを効果的に整理することを可能にします。これとは別に、世界中で急成長している電子商取引も市場の成長を後押ししています。これは、消費者の体験を改善し、エラーを排除してオンラインプラットフォーム上での顧客の評価、レビュー、行動を維持するための効果的なオンボーディング教育を提供し、それによってPIMの利用を促進することに組織が重点を置いているためです。さらに、メディアやエンターテインメント業界では、メディアクリップ、録音、画像、テキストファイルなどの製品情報を公開し、デジタルと非デジタルの両方のプラットフォームを管理することが大きな成長要因として作用しています。このほか、新興国を中心とした急速な都市化、人工知能(AI)や機械学習(ML)のPIMとの融合なども、市場の成長を牽引する要因となっています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の突然の発生とその結果として多数の国で実施されたロックダウンにより、Eコマースプラットフォームの全売上高が大幅に増加し、それが今後数年間の市場成長を促進することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]