人工呼吸器市場、2027年に65億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の人工呼吸器市場は、2021年に51億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.61%のCAGRで成長し、2027年には65億米ドル規模に達すると予想されています。

人工呼吸器は、手術中や重篤な疾患により自然呼吸ができない患者に使用される人工呼吸器です。最も一般的に使用される製品のバリエーションには、集中治療室(ICU)、新生児ケアセンター、救急車などで利用される陽圧および陰圧の人工呼吸器があります。これらの装置は、患者の気管に挿入される中空のチューブで構成されており、安定した気道を確保することができます。また、体内の酸素と二酸化炭素の濃度を適切に保つことで、呼吸困難の緩和、呼吸筋の疲労回復、肺の治癒を促進することができます。

市場の動向

慢性閉塞性肺疾患(COPD)や呼吸器疾患の有病率の増加は、市場を牽引する重要な要因となっています。老年人口の増加や、糖尿病、高血圧、心血管疾患(CVD)などの他の病気を患う患者の数は、これらの人々が呼吸器疾患やCOPDにかかりやすいことから、市場の成長を後押ししています。さらに、ポータブルで非侵襲性の人工呼吸器の開発など、さまざまな技術的進歩が、発展途上国および先進国の両方で製品の導入率を押し上げています。メーカーは、これらの機器に高速信号処理システムを搭載し、機器の設計、効率、安全対策を改善することで、より患者にやさしく、費用対効果の高い製品に仕上げています。その他、医療インフラの改善、呼吸器疾患の治療法に関する認知度の向上、広範な研究開発活動などが、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

人工呼吸器の世界市場は、製品タイプ、インターフェース、年齢層、換気モード、最終用途に基づいて細分化されています。

市場の競合状況

人工呼吸器の世界市場における主要な企業としては、Allied Healthcare Products, Air Liquide, Asahi Kasei, GE Healthcare Company, Hamilton Medical AG, Maquet GmbH & Co. KG (Gatenge), Medtronic Plc, Mindray Medical International Ltd., Philips Healthcare, ResMed, Smiths Group Plc, Vyaire Medical Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]