エンタープライズアプリケーション市場、2027年に4,039億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のエンタープライズアプリケーション市場は、2021年に2,499億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.24%のCAGRで成長し、2027年には4,039億米ドル規模に達すると予想されています。

エンタープライズアプリケーションには、デジタルおよびコンテンツ作成、コミュニケーションおよびコラボレーションソフトウェア、顧客関係管理(CRM)、エンタープライズリソースプランニング(ERP)などが含まれます。これらのアプリケーションは拡張性があり、コンポーネントベースで、データ中心であり、ユーザーフレンドリーです。販売、財務、会計、在庫、人事、製造などのコアビジネスプロセスを、単一のサーバーアーキテクチャ上でリアルタイムに統合するために使用されます。オフィススイート、プロジェクトおよびポートフォリオ管理、サプライチェーン管理(SCM)の利点を提供します。そのため、企業ネットワークに導入され、大量の複雑なデータを扱うビジネスプロセスを自動化し、世界中のサプライヤー、商業団体、顧客と企業をつないでいます。

市場の動向

ビジネスのグローバル展開に伴い、企業は膨大なデータの管理という課題に直面しています。エンタープライズアプリケーションは、スマートなビジネスを構築するために、コラボレーションの強化、効率性の向上、リスクの低減、データ連携、リアルタイムの洞察を提供するため、世界中でエンタープライズアプリケーションの導入を促進している重要な要因の一つとなっています。さらに、銀行、金融サービス、保険(BFSI)分野では、バランスの取れた財務体質を構築し、優秀な人材を採用するために導入されています。これとは別に、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、エッジコンピューティングなどの技術の統合により、重要な意思決定、イノベーションのための投資の最適化、本質的な顧客体験の提供のための俊敏性が実現されています。これにより、さまざまな最終用途産業におけるエンタープライズアプリケーションの利用がさらに拡大しています。さらに、迅速なイノベーションと継続性への注目が高まっていることから、企業はハイブリッドクラウドソリューション間でERPソフトウェアを展開・管理しており、これが世界中でエンタープライズアプリケーションの需要を喚起しています。さらに、複数のベンダーがエンタープライズアプリケーションのさまざまな機能をアップグレードするためのカスタマイズオプションを提供しており、これが市場の成長を促すと予想されています。

主要な市場区分

世界のエンタープライズアプリケーション市場は、ソリューション、企業規模、導入形態、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

ソリューション別の市場区分

カスタマーリレーションシップマネジメント

エンタープライズリソースプランニング

サプライチェーンマネジメント

アナリティクスとビジネスインテリジェンス

ヒューマンキャピタルマネジメント

生産性向上ツール

その他

企業規模別の市場区分

中小企業

大企業

導入形態別の市場区分

オンプレミス

クラウド型

エンドユーザー別の市場区分

BFSI

メーカー・小売

ヘルスケア・製薬

IT・通信

政府機関

その他

市場の競合状況

世界のエンタープライズアプリケーション市場における主要な企業としては、Accenture plc, Fujitsu Limited, Infosys Limited, International Business Machines Corporation, iTransition Group, Microsoft Corporation, Oracle Corporation, Pegasystems Inc., Salesforce.com Inc., SAP SE, Software AG, Tata Consultancy Services Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]