ビジネスアナリティクス市場、2027年に1,225億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のビジネスアナリティクス市場は、2021年に765億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.1%のCAGRで成長し、2027年には1,225億米ドル規模に達すると予想されています。

ビジネスアナリティクス(BA)とは、統計・業務分析を通じて組織のデータを反復的かつ体系的に研究することです。データ集計、データマイニング、テキストマイニング、データ可視化、関連付け、シーケンス識別を利用します。BA分析ツールは、一般的に、クエリーレポート、予測分析、ロケーションインテリジェンス、コンテンツ分析、データウェアハウス、企業業績管理、複雑なデータセット、基本パターン、データのマイクロセグメントの把握に使用されています。また、情報システム、ディープラーニング、人工知能(AI)の原理を取り入れ、正確な分析を提供します。それらの予測に基づき、ビジネス上の問題に対する革新的なソリューションが策定され、組織の競争力を高め、データに基づいた意思決定が行われます。

市場の動向

モノのインターネット(IoT)対応技術やビッグデータの出現は、組織によるクラウドコンピューティングの導入が進むとともに、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。企業は大量のデジタルデータを生成しており、エンドユーザーの業務や要件をより深く理解するためにビジネスアナリティクスツールを採用しています。さらに、クラウド対応のBAツールは、コストと時間の効率を高め、パフォーマンス管理、リソースの最適化、組織の課題の克服と相まって、データのリアルタイム分析を支援し、BAに対する需要を世界的に高めています。さらに、中小企業(SME)間でBAの需要が高まっていることも、市場成長の一因となっています。これらの企業は、従来の表計算ソフトによるモデリングや手計算の代わりに、記述的BA、診断的BA、予測的BAといった高度なツールを利用しています。また、金融機関のセキュリティ担当者が、大口顧客に関する不正行為を検査・監視・防止するためにBAを利用するケースが増加しており、市場のさらなる牽引役となることが予測されています。その他、銀行・金融サービス業界の発展、小売・Eコマース分野の成長などの要因も、市場成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界のビジネスアナリティクス市場は、ソフトウェア、導入形態、エンドユーザー、業種に基づいて細分化されています。

ソフトウェア別の市場区分

クエリ・レポーティング・分析ツール

高度分析・予測分析

ロケーションインテリジェンス

コンテンツアナリティクス

データウェアハウスプラットフォーム

その他

導入形態別の市場区分

クラウド型

オンプレミス

エンドユーザー別の市場区分

大企業

中小企業

業種別の市場区分

BFSI

エネルギー・電力

メーカー

ヘルスケア

政府機関

教育

メディア・エンターテイメント

通信・IT

その他

市場の競合状況

世界のビジネスアナリティクス市場における主要な企業としては、Adobe Systems Incorporated、International Business Machines (IBM) Corporation、Microsoft Corporation、Microstrategy Incorporated、Oracle Corporation、Salesforce.com Inc.、SAP SE、SAS Institute Inc.、Tableau Software、Tibco Software Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]