包装用接着剤市場、2027年に163億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の包装用接着剤市場は、2021年に119億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.1%のCAGRで成長し、2027年には163億米ドル規模に達すると予想されています。

包装用接着剤とは、2つ以上の包装材を結合するために使用される粘着剤を指します。包装用接着剤の一般的な種類には、溶剤系、水性、ホットメルト接着剤などがあります。水性接着剤はデンプン、デキストリン、ポリビニルアルコール(PVA)など、多孔質または無孔質の基材に使用され、溶剤系接着剤はプラスチック用途に使用されます。ホットメルト接着剤(ホットグルー)は、熱可塑性の接着剤で、加熱すると液状になります。主にケースやカートン、軟包装の包装に使用されます。これらの接着剤は、ポリクロロプレン、ポリ酢酸ビニル、ポリウレタン、ポリビニルピロリドンなど、天然ポリマーと合成ポリマーの両方を使用して製造されています。

市場の動向

食品・飲料(F&B)産業の著しい成長は、市場を牽引する重要な要因の一つです。F&B業界では、包装用接着剤は、硬い食品箱や、さまざまな食品や飲料を保管する紙箱やケースの密封に広く使用されています。さらに、包装用接着剤は、製品の無菌性を維持するために医療機器を密封し、細菌汚染から医薬品を保護するために、医薬品産業で幅広い用途が見いだされています。さらに、さまざまな製品に着色された透明なラベルを貼るために使用される高度な水性透明接着剤の開発は、市場の成長に好影響をもたらしています。その他、リサイクル可能な製品に使用できる包装用接着剤における持続可能な化合物に対する消費者の嗜好の高まりや、接着剤の耐久性と汎用性を向上させるための広範な研究開発(R&D)活動などが、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界の包装用接着剤市場は、タイプ、基材タイプ、包装タイプ、最終用途産業に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

水性接着剤

溶剤系接着剤

ホットメルト接着剤

その他

基材タイプ別の市場区分

アクリル

ポリウレタン

ポリ塩化ビニル

ポリプロピレン

その他

包装タイプ別の市場区分

軟包装

折りたたみカートン

箱・ケース

ラベリング

その他

最終用途産業別の市場区分

食品・飲料

化粧品

ヘルスケア

その他

市場の競合状況

世界の包装用接着剤市場における主要な企業としては、3M、Arkema Group、Ashland Inc.、Avery Dennison Corporation、Dymax Corporation、H.B. Fuller Company、Henkel AG & Co. KGaA、Jowat SE、Paramelt RMC B.V.、Sika AG、The DOW Chemical Company、Wacker Chemie AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]