家庭用クリーナー市場、2027年に442億米ドル規模到達見込み

市場の概要

家庭用クリーナーの世界市場は、2021年に340億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.4%のCAGRで成長し、2027年には442億米ドル規模に達すると予想されています。

家庭用クリーナーとは、室内の柔らかい表面や硬い表面の汚れや細菌、その他の汚染物質を除去するために使用される、さまざまな化学薬品や洗浄液のことを指します。研磨剤、非研磨剤、特殊洗剤、漂白剤、殺菌剤、硬水用ステインリムーバー、その他アンモニアや重曹をベースとした製品などが含まれます。これらの製品は、ほこり、粘土、油、グリース、石鹸カス、硬水マーク、石灰岩、カビやカビに効果的です。これらの製品は、スプレー、エアゾール缶、ポンプ式ボトルなどのパッケージで販売されており、家庭での個人の健康や衛生の維持に役立っています。

市場の動向

コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延に伴い、住宅や商業空間における個人の衛生と清潔さに関する意識が高まっていることは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。これに伴い、ガラスや鏡面、ステンレス、木材などに使用できる専用クリーナーへのニーズが高まっています。さらに、環境に優しく持続可能な家庭用製品への需要が高まっていることも、市場の成長に拍車をかけています。家庭用洗剤は通常、アルカリ、酸、界面活性剤、脱脂剤などの洗浄剤を使用して製造されますが、これらは長時間さらされると健康に悪影響を与える可能性があります。そこで、製品メーカーは、植物油、コーンスターチ、アルコール、重曹、酸素系漂白剤、洗濯用ソーダ、柑橘系溶剤など、天然素材や有機素材を使用しており、これが市場に明るい展望をもたらしています。また、急速な都市化、可処分所得の増加、消費者のライフスタイルの変化と相まって、住宅建設プロジェクトの増加につながる大規模なインフラ開発などの要因が、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

家庭用クリーナーの世界市場は、製品タイプ、流通チャネル、成分、用途に基づいて細分化されています。

市場の競合状況

家庭用クリーナーの世界市場における主要な企業としては、Bombril S/A、Church & Dwight Co. Inc.、Colgate-Palmolive Company、Godrej Consumer Products Limited、Henkel AG & Company KGaA、Kao Corporation、Reckitt Benckiser Group plc、S. C. Johnson & Son Inc.、The Procter & Gamble Company、Unilever Plcなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]