チョコレート市場、2027年に1,778億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のチョコレート市場は、2021年に1,519億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.6%のCAGRで推移し、2027年には1,778億米ドル規模に達すると予想されています。

チョコレートは、テオブロマ・カカオの木の鞘から得られるカカオの種を焙煎して作られる食用製品です。カカオ豆を収穫し、発酵、乾燥、粉砕してペースト状にします。このペーストに高圧をかけて、チョコレート液とココアバターを分離します。この2つの原料をさまざまな割合で混ぜ合わせ、クーベルチュール、ダーク、ミルク、ホワイト、ベーキングチョコレート、ココアパウダーを製造します。チョコレートは、フェネチルアミン、カフェイン、テオブロミン、フラボノイドなどのアルカロイドを豊富に含み、主にケーキ、クッキー、プリン、ブラウニーなどの製パン・製菓製品の製造に使用されます。

市場の動向

食品・飲料業界の著しい成長は、市場の成長を牽引する重要な要因の一つです。さらに、さまざまなフレーバーが加えられたり、ナッツやレーズンなどの詰物が入った、固形または分割されたスティック型チョコレートやブロック型チョコレートに対する消費者の嗜好の高まりも、市場の成長に拍車をかけています。さらに、ダークチョコレートの消費による健康上の利点に関する意識の高まりも、市場成長を後押ししています。適量のダークチョコレートを定期的に摂取することは、体内の血液循環を改善し、脳機能を高め、血圧を下げ、心臓疾患のリスクを最小限に抑えることが知られています。その他、チョコレート製品のプレミアム化、消費者の目を引く美しいパッケージの使用、オーガニック、ビーガン、砂糖やグルテンフリーのチョコレートの生産などが、市場をさらに牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界のチョコレート市場は、製品タイプ、製品形態、用途、価格帯、流通チャネルに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・ホワイトチョコレート

・ミルクチョコレート

・ダークチョコレート

・その他

製品形態別の市場区分

・成型品

・カウントライン

・その他

用途別の市場区分

食品

・ベーカリー

・砂糖菓子

・デザート

・その他

飲料

その他

価格帯別の市場区分

・エブリデイチョコレート

・プレミアムチョコレート

・季節限定チョコレート

流通チャネル別の市場区分

・直販(B2B)

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界のチョコレート市場における主要な企業としては、Arcor, Barry Callebaut, Chocoladefabriken Lindt & Sprungli AG, Chocolaterie Guylian, Ferrero International, Mars Incorporated, Meiji Co. Ltd., Mondelez International Inc. (Kraft Foods), Moonstruck Chocolate Company, Nestle S.A., The Hershey Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]