潰瘍性大腸炎市場、2027年に97億1,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の潰瘍性大腸炎市場は、2021年に69億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.60%のCAGRで成長し、2027年には97億1,000万米ドル規模に達すると予想されています。

潰瘍性大腸炎(UC)は、消化管に刺激、炎症、潰瘍(ただれ)を引き起こす慢性炎症性腸疾患(IBD)を指します。一般的には、大腸および直腸の内壁が侵されます。一般に、症状は時間とともに進行し、UCと診断された方でも、症状が軽度の期間や全くない期間を経験することがあります。しかし、時には衰弱や生命を脅かすような合併症を引き起こすこともあります。UCの治療法はまだありませんが、治療により患者の症状を管理・軽減し、再発を予防し、長期的な寛解をもたらすことが可能です。そのため、潰瘍性大腸炎の治療は、患者の生活の質を高め、身体的・精神的な健康を確保するのに役立つとして、世界中で急速に普及が進んでいます。

市場の動向

潰瘍性大腸炎は広く普及しており、利用可能な治療オプションに関する認知度が高まっていることが、市場を牽引する主な要因となっています。また、強力なパイプライン製品の存在や、多くの治療薬における継続的な進歩が、製品需要を増大させています。さらに、数カ国の政府は、この疾患についての認識を広め、適切な医療施設へのアクセスや利用可能性を高めるために、いくつかの取り組みを行っています。このことは、新規治療法の開発のための研究開発活動への投資の増加と相まって、市場の成長を促進しています。さらに、主力企業は、製品ポートフォリオを拡大し、市場での競争力を高めるために、革新的でより効果的な治療薬の上市に注力しています。その他、バイオシミラー医薬品の容易な入手、医療インフラの改善、政府による有利な償還政策、医療に対する消費者支出の増加なども、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の潰瘍性大腸炎市場は、タイプ、疾患タイプ、分子タイプ、治療薬タイプ、投与経路、流通チャネルに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

軽度UC

中度UC

重度UC

疾患タイプ別の市場区分

潰瘍性直腸炎

直腸S状結腸炎

左側大腸炎

膵臓炎または万能性大腸炎

劇症型大腸炎

分子タイプ別の市場区分

低分子化合物

生物学的製剤

治療薬タイプ別の市場区分

抗炎症治療薬

抗TNF生物学的製剤

免疫抑制剤

カルシニューリン阻害剤

その他

投与経路別の市場区分

経口

注射剤

流通チャネル別の市場区分

病院薬局

小売薬局

ドラッグストア

その他

市場の競合状況

世界の潰瘍性大腸炎市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories, AbbVie Inc., AstraZeneca plc, Bristol-Myers Squibb Company, Eli Lilly and Company, F. Hoffmann-La Roche Ltd., GlaxoSmithKline plc, Johnson & Johnson, Merck & Co. Inc., Pfizer Inc., Takeda Pharmaceutical Company Limited, Teva Pharmaceutical Industries Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]