注射器市場、2027年に274億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の注射器市場は、2021年に165億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.70%のCAGRで成長し、2027年には274億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

注射器は、医療従事者が体内から液体を取り出したり、静脈内または筋肉内を通して薬物を血流に注入したりするために使用する医療機器です。注射器は、乾癬、アレルギー、関節炎、癌、糖尿病、肝炎、不妊症、偏頭痛、多発性硬化症、骨粗鬆症、血液凝固障害、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)などの病状管理に役立っています。現在、数社のメーカーが高度な製造プロセスと品質保証手順を導入し、研究開発(R&D)担当者に自動サンプリング時の優れた精度と正確さを提供する注射器を製造しています。

市場の動向

多くの国の政府は、コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染する確率を減らすために、人々の迅速かつ安全なワクチン接種を奨励しています。これは、ワクチン接種の目標を達成するための効果的な注射器の必要性を推進する重要な要因の一つです。これとは別に、慢性疾患の蔓延や医療関連感染(HAI)の増加により、費用対効果が高く、すぐに使えるプラスチック製の使い捨て注射器の導入が加速しています。これに加えて、外科手術を受ける人の割合が大幅に増加したことで、麻酔薬を供給するための使い捨て注射器の需要が高まっています。このほか、使用済み注射器の増加に対処し、安全な注射方法を促進するため、保健機関が公共の場にシャープコンテナを設置するなど、さまざまな取り組みを行っていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、家畜は一般的に人間に感染する可能性のある病気にかかるため、動物由来製品の消費の増加や食の安全に対する懸念の高まりが、混合ワクチンと注射器の需要を高めています。また、コンパニオンアニマルの飼育数が増加していることや、ペットの人間化といった傾向も市場の拡大要因となっています。

主要な市場区分

注射器の世界市場は、製品、素材、用途、流通チャネル、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

一般用注射器

専用注射器

インスリン用注射器

ツベルクリン注射器

アレルギー用注射器

その他

素材別の市場区分

ガラス製注射器

ポリマー製注射器

用途別の市場区分

使い捨て注射器

一般用注射器

安全注射器

充填済み注射器

再利用型注射器

流通チャネル別の市場区分

オフライン

オンライン

エンドユーザー別の市場区分

病院・診療所

診断センター

専門医院

その他

市場の競合状況

注射器の世界市場における主要な企業としては、B. Braun Melsungen AG、Baxter International Inc.、Becton Dickinson and Company、Cardinal Health Inc.、Gerresheimer AG、Hindustan Syringes & Medical Devices Ltd、Nipro Corporation、Pfizer Inc.、Retractable Technologies Inc.、Schott AG、Smiths Group plc、Terumo Corporation、Thomas Scientific LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]