使用済み食用油市場、2027年に84億6,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の使用済み食用油市場は、56億5,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.60%のCAGRで成長し、2027年には84億6,000万米ドル規模に達すると予想されています。

使用済み食用油(UCO)は、ホテル、レストラン、食品加工装置、一般家庭で食用油を繰り返し使用することにより発生します。これは食用油の残りカスで、ヒマワリ、トウモロコシ、カノーラ、オリーブ、パーム、菜種、大豆油、動物性油脂から得られます。また、混合組成物でも入手可能です。リサイクルおよび加工されたUCOは、石鹸、コンポスト、油脂化学製品、水素添加植物油(HVO)、工業用グリース、バイオディーゼル、動物飼料の製造に広く使用されています。従来から使用されている原料に比べ、UCOはコストパフォーマンスに優れ、環境に優しく、様々な製品に容易に利用することができるため、大量生産に適しています。

市場の動向

世界中でバイオベースの燃料を導入する動きが活発化していることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。消費者の関心は、石油系燃料から、環境意識の高まりにより、二酸化炭素排出量の少ないバイオディーゼルやグリーンエネルギー燃料へと急速に移行しています。さらに、動物飼料の製造にUCOが広く導入されていることも、市場成長の推進力となっています。また、食品・飲料業界の著しい成長も、市場に明るい展望をもたらしています。ファーストフードやその他の揚げ物の調理に使用される食用油は、工業プラントで加工され、さらにUCOとして利用されます。さらに、加工技術や製造技術の向上も、市場の成長を促す要因となっています。製品メーカーは、高発熱量、低発火点の革新的なオゾン処理油を開発しています。また、UCOはバイオディーゼル生産用の微生物に炭素源として作用する発酵培地成分として広く利用されています。その他にも、政府による有利な政策の実施や、広範な研究開発活動などが、市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界の使用済み食用油市場は、供給元と用途に基づいて細分化されています。

供給元別の市場区分

家庭分野

商業分野

用途別の市場区分

バイオディーゼル

油脂化学品

動物飼料

その他

市場の競合状況

世界の使用済み食用油市場における主要な企業としては、ABP Food Group、Arrow Oils Ltd、Baker Commodities Inc.、Brocklesby Limited、Grand Natural Inc.、Greasecycle LLC、MBP Solutions Ltd、Oz Oils Pty Ltd、Valley Proteins Inc.、Veolia Environment S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]