抗高脂血症治療薬市場、2027年に158億1,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の抗高脂血症治療薬市場は、2021年に113億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.20%のCAGRで成長し、2027年には158億1,000万米ドル規模に達すると予想されています。

抗高脂血症治療薬は、血液中のコレステロールや様々な脂質の血清レベルを下げるのに役立ちます。この薬剤は、高コレステロールを抑制し、特定の病状のリスクを低減するために、さまざまな薬剤と併用することができます。現在、世界中で様々な種類の薬剤が販売されており、患者のコレステロールプロファイル、基礎疾患、その他の要因に基づいて投与することができます。一般的に利用可能な抗高脂血症治療薬には、スタチン、抗高脂血症薬配合剤、胆汁酸封鎖剤、コレステロール吸収阻害剤、フィブリン酸誘導体、PCSK9阻害剤などがあります。

市場の動向

座りがちなライフスタイル、タバコ、脂肪分の多い食べ物の摂取などにより、高脂血症が増加していることは、高脂血症治療薬の需要を促進する重要な要因の一つとなっています。さらに、高脂血症は、世界中の成人の間で最も一般的な死因である冠動脈疾患(CAD)の発症リスクを増加させます。そのため、高濃度リポタンパク質(LDL)コレステロールやトリグリセリドを減らし、低濃度リポタンパク質(HDL)コレステロールを増加させる治療薬の需要が高まっています。このほか、コレステロール値が高い小児や様々な脂質異常症の治療にも使用されています。また、小児における脂質およびリポタンパク質代謝の遺伝性および後天的障害の急増は、入院や早期死亡の割合を減らすために、抗高脂血症薬の需要にプラスの影響を及ぼしています。さらに、新薬や先進的な治療薬の承認が、市場に明るい展望をもたらしています。加えて、世界中の医薬品開発者が、これらの治療薬のためのさまざまな新しい分子の設計、合成、評価を行っており、これが市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界の抗高脂血症薬市場は、薬効分類、投与経路、流通チャネルに基づいて細分化されています。

薬効分類別の市場区分

スタチン

胆汁酸分泌抑制剤

コレステロール吸収阻害剤

線維素酸誘導体

PCSK9阻害剤

配合剤

その他

投与経路別の市場区分

経口

静脈内投与

流通チャネル別の市場区分

病院薬局

小売店

オンラインショップ

市場の競合状況

世界の抗高脂血症薬市場における主要な企業としては、Amgen Inc.、AstraZeneca plc、Daiichi Sankyo Company Limited、Merck & Co. Inc.、Novartis AG、Pfizer Inc.、Sanofi S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]