電気炊飯器市場、2027年に53億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の電気炊飯器市場は、2021年に36億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.30%のCAGRで成長し、2027年には53億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

電気炊飯器は、ご飯を炊くのに役立つ発熱体を備えた電気調理器具です。アルミニウムや鉄鋼で作られており、調理に必要な温度を調節するのに役立ちます。また、自動でご飯を炊くことができ、保温効果もあるなど、さまざまな利点があります。そのため、世界中の家庭用・業務用分野で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

現在、多忙なライフスタイルにより、個人の間で便利な製品の使用がかなり増加しています。このことは、取り扱いが簡単で調理時間が短い電化製品への依存度が高まっていることと合わせて、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、世界的な調理用ガスの価格高騰により、ガス調理器から電気調理器への移行が進んでいます。さらに、電気炊飯器には、炊き上がりが均一で、ご飯がベタつかないなどの利点があり、市場の成長を後押ししています。また、電気炊飯器では米以外の穀物や豆類も調理できるため、市場にプラスの影響を及ぼしています。このほか、市場の主力企業は、Wi-FiベースのIH炊飯器を導入するために研究開発(R&D)活動に広く投資しています。これに伴い、電気炊飯器は従来の炊飯器と比較してエネルギー効率が高く、業界の投資家に有利な成長機会を提供しています。さらに、遠隔操作による容易な操作を可能にするために、電気炊飯器におけるモノのインターネット(IoT)の統合が進展していることは、今後数年間における市場の成長を推進すると予想されます。

主要な市場区分

電気炊飯器の世界市場は、製品、容量、流通チャネル、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

標準

多機能

IH

その他

容量別の市場区分

小容量

中容量

大容量

超大容量

流通チャネル別の市場区分

スーパーマーケット、ハイパーマーケット

専門店

オンラインストア

その他

エンドユーザー別の市場区分

家庭用

業務用

市場の競合状況

電気炊飯器の世界市場における主要な企業としては、AB Electrolux, Bajaj Electricals Ltd., Breville Group Limited, Groupe SEB, Koninklijke Philips N.V., Newell Brands, Panasonic Corporation, Tiger Corporation, Toshiba Corporation, TTK Prestige Ltd., Wonderchef Home Appliances Pvt. Ltd., Zojirushi Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]