医療施設管理市場、2027年に5,485億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の医療施設管理市場は、2021年に3,072億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.60%のCAGRで成長し、2027年には5,485億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

医療施設管理(HFM)とは、診療所や病院の開発、メンテナンス、セキュリティ業務を促進し、患者の利便性を高めるための技術的なサービスを指します。HFMは、安全ポリシーの確立、改修要件の特定、技術サポートの提供、高品質な環境の確保、セキュリティの維持、建設プロジェクトの監視などに使用されます。医療施設管理は、高い投資収益率(ROI)、柔軟性、優れたデータ管理、全体的なパフォーマンスの向上、透明性、費用対効果の高い資産の利用など、さまざまなメリットを提供しています。

市場の動向

コロナウイルス感染症(COVID-19)の突然の発生と、それに伴う、患者に最も安全な環境を提供するための医療分野におけるソーシャルディスタンスと衛生維持プログラムの導入は、市場の成長を促進する主な要因となっています。これに伴い、さまざまな慢性疾患の有病率の増加、老人人口の増加、医療分野の著しい拡大も、市場の拡大要因として作用しています。さらに、環境汚染や後天性免疫不全症候群(AIDS)、コレラ、肝炎などの感染症につながる有害廃棄物を排除するための廃棄物管理方法の導入が、市場の成長を後押ししています。さらに、新興国における医療観光の増加や、専門的な施設管理を行う第三者機関と医療関連企業との戦略的な連携が、市場の成長を積極的に促進しています。加えて、主要業績評価指標(KPI)やモノのインターネット(IoT)など、いくつかのICT技術の導入が市場の成長を押し上げています。その他、全体的な生産性と効率を向上させるための高度な技術的ソリューションを取り入れることで医療インフラを強化するために各国政府が行っている数々の取り組みや、新しい消毒・衛生ソリューションを導入するための研究開発(R&D)活動への投資増加などの要因が、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の医療施設管理市場は、サービスタイプ、ビジネスモデル、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

サービスタイプ別の市場区分

プロパティサービス

清掃サービス

セキュリティサービス

ケータリングサービス

サポートサービス

環境マネジメントサービス

ビジネスモデル別の市場区分

アウトソーシング

インハウス

エンドユーザー別の市場区分

病院・診療所

長期療養型医療施設

その他

市場の競合状況

世界の医療施設管理市場における主要な企業としては、ABM Industries Inc.、Aramark Corporation、Compass Group PLC、Ecolab Inc.、International Business Machines Corporation、ISS A/S、Jones Lang LaSalle Incorporated、Mitie Group plc、OCS Group limited、Oracle Corporation、Serco Group plc、Sodexoなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]