食品用ガス市場、2027年に104億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の食品用ガス市場は、2021年に75億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.47%のCAGRで成長し、2027年には104億米ドル規模に達すると予想されています。

食品用ガスは、食品の包装、保存、冷凍、炭酸化などに使用される特殊なガスです。一般的に使用される食品用ガスには、アルゴン、水素、二酸化炭素、窒素、酸素などがあります。ベーカリー、乳製品、肉製品、果物、野菜、油、ソース、ドレッシング、調味料、炭酸飲料など、食品や飲料の調製に使用され、食品調理の際に添加物や加工助剤として利用されます。これらのガスは、水分や酸素含有量を減らし、調理や保存に最適化するために食品を通過させます。また、クリームやチーズなどのエアゾール食品の推進剤としても使用され、デザートにマイクロバブルを発生させ、食感やふんわり感を向上させるために使用されます。

市場の動向

食品・飲料業界の著しい成長は、市場に明るい見通しをもたらす重要な要因の一つです。健康志向の消費者の間で高級肉やシーフード製品に対する需要が高まっており、これが食品用ガスのニーズを高めています。また、MAP(Modified Air Packaging)ソリューションの普及が、市場の成長を推進しています。食品用ガスは、包装された食品、特に有機果物や野菜、肉製品の鮮度を保持し、合成化学物質を使用せずにチーズやパスタの保存期間を延長するために使用されています。これに伴い、ホテル、カフェ、クイックサービスレストラン(QSR)、地ビール工場などでの製品利用が増加していることも、市場の成長を後押ししています。その他、消費者の購買力の向上や、消費者の間でパッケージ食品の消費が拡大していることなどが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界の食品用ガス市場は、タイプ、用途、エンドユースに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・二酸化炭素

・窒素

・酸素

・その他

用途別の市場区分

・フリージング・チリング

・包装・炭酸

・その他

エンドユース別の市場区分

・飲料

・肉類・魚介類

・コンビニエンス食品

・その他

市場の競合状況

世界の食品用ガス市場における主要な企業としては、Air Liquide S.A., Air Products Inc., Air Water Inc., Coregas Pty Ltd (Wesfarmers Limited), Gulf Cryo, Linde plc, Massy Group Inc., SOL Spa, Taiyo Nippon Sanso Corporation (Mitsubishi Chemical Holdings Corporation), The Messer Group GmbH, Tyczka Polska Sp. z o.o.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]