ゲノミクス市場、2027年に603億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のゲノミクス市場は、2021年に251億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は15.54%のCAGRで成長し、2027年には603億米ドル規模に達すると予想されています。

ゲノミクスとは、生物のデオキシリボ核酸(DNA)中に存在する遺伝物質の構造、機能、継承に関する研究を指します。すべての遺伝子の相互関係に着目し、それらが全体的な成長と発達に及ぼす複合的な影響を特定します。診断、創薬、精密医療の開発、農業研究などのためのさまざまな消耗品、システム、ソフトウェア、サービスが含まれます。ゲノミクスに用いられる技術には、マイクロアレイ、シーケンシング、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、核酸抽出・精製、シングルセルゲノミクス分析などがあります。これらの技術は、複雑な遺伝子の問題を解決するのに非常に有効なものです。

市場の動向

非侵襲的ながんスクリーニングに基づく研究の導入が進んでいることや、個別化医療に対する需要の高まりは、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。さらに、慢性疾患の発生率が上昇していることも、市場の成長に拍車をかけています。臨床ワークフローは、ターゲットを絞った個別化医薬品の製造や、新生児遺伝子スクリーニングプログラムおよび軍事ゲノム学の成長研究のために、ゲノムデータとの統合が広く行われています。これは、農業分野での遺伝子組み換え植物や生物に対する需要の高まりとともに、市場の成長に好影響を与えています。ゲノミクスに基づくアプリやテストの開発など、さまざまな技術的進歩も、大きな成長要因として作用しています。その他、バイオインフォマティクス分野における広範な研究開発(R&D)活動や、次世代シーケンシングサービスに対する需要の増加などが、市場の成長をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界のゲノミクス市場は、コンポーネント、アプリケーション、テクノロジー、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

製品

装置およびソフトウェア

消耗品・試薬

サービス

コアゲノミクスサービス

NGSベースサービス

バイオマーカー翻訳サービス

計算機サービス

その他

アプリケーション別の市場区分

ファンクショナルゲノミクス

エピジェノミクス

バイオマーカー探索

パスウェイ解析

その他

テクノロジー別の市場区分

シーケンサー

マイクロアレイ

ポリメラーゼ連鎖反応

核酸抽出・精製

その他

エンドユーザー別の市場区分

研究機関

病院・診療所

製薬・バイオテクノロジー企業

その他

市場の競合状況

世界のゲノミクス市場における主要な企業としては、23andMe Inc.、Agilent Technologies Inc.、Bayer Aktiengesellschaft、BGI Genomics Co. Ltd.、Bio-RAD Laboratories Inc.、Danaher Corporation、Illumina Inc.、Oxford Nanopore Technologies、PerkinElmer Inc.、Myriad Genetics Inc、Roche Holding AG、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]