アンチモン市場、2027年に28億米ドル規模到達見込み

市場の概要

アンチモンの世界市場は、2021年に19億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7%のCAGRで成長し、2027年には28億米ドル規模に達すると予想されています。

アンチモンは光沢のある灰色の化学元素で、金属形と非金属形の両方が存在します。金属形は硬くて脆く、明るい銀青色をしており、非金属形は灰色がかった粉末の形で入手できます。アンチモンは、スティブナイトやバレンティナイトなどの鉱石から抽出され、乾燥した空気中では安定した元素であり、アルカリや酸に対しても静的であると考えられています。また、熱や電気の伝導性が低いため、赤外線検出器やダイオードなどの半導体デバイス、電池、低摩擦金属、防炎材料、セラミックエナメル、塗料などに使用されています。

市場の動向

アンチモン市場は、難燃剤やプラスチック添加剤を製造するための三酸化アンチモン(ATO)の需要が増加していることが主な成長要因です。ATOは、難燃性との相乗効果を得るためにハロゲン化合物と一緒に広く使用されている無機元素です。また、コンピュータ、電卓、ポータブルステレオ、ゲーム機などの様々な家電製品の重要な部分を構成する鉛蓄電池、はんだ、パイプ、鋳物、トランジスタ用軸受などの製造に採用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、耐薬品性や耐熱性に優れたアンチモンベースのガラス繊維複合材料の需要が高まっていることも、市場の成長に好影響を与えています。その他、急速な工業化や、アンチモンを主成分として製造されるポリエチレンテレフタレート(PET)包装材の需要の増加などが、今後数年間にわたり市場を牽引すると予測されています。

主要な市場区分

アンチモンの世界市場は、製品タイプ、用途、最終用途産業、地域に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

三酸化アンチモン

五酸化アンチモン

合金

メタルインゴット

その他

用途別の市場区分

難燃剤

鉛蓄電池     

プラスチック添加剤

安定剤

触媒

ガラス・セラミックス

その他

最終用途産業別の市場区分

化学

自動車

電気・電子

その他

地域別の市場区分

北アメリカ

アジアパシフィック

ヨーロッパ

ラテンアメリカ

中近東・アフリカ

市場の競合状況

アンチモン市場における主要な企業としては、AMG Advanced Metallurgical Group, BASF SE, Campine, Huachang Antimony Industry, Hunan Chenzhou Mining Group Co. Ltd., Korea Zinc Co. Ltd, Lambert Metals International, Mandalay Resources Ltd, Nihon Seiko Co., Ltd., NYACOL Nano Technologies, Inc., Recylex, Suzuhiro Chemical, Tri-Star Resources, United States Antimony, Village Main Reef Ltd., Yunnan Muli Antimony Industry Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]