硫酸銅市場、2027年に496.2キロトン規模到達見込み

市場の概要

硫酸銅の世界市場は、2021年に409.8キロトンの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.07%のCAGRで成長し、2027年には496.2キロトン規模に達すると予想されています。

硫酸銅(CuSO4)は銅の塩で、さまざまな量の水和物として存在します。最も一般的なのは、鮮やかな青色または緑色の結晶で、五水和物(CuSO4.5H2O)と呼ばれています。硫酸銅の用途は幅広く、古くから殺菌剤や塗料などさまざまな製品の製造に使用されてきました。

主要な市場区分

硫酸銅市場は、最終用途及び地域に基づいて細分化されています。

最終用途別の市場区分

硫酸銅の用途は、農業、畜産業、ヘルスケア、工業など、さまざまな業界に及んでいます。硫酸銅の最大の市場の一つは農業分野で、主に殺菌剤、除草剤、肥料などに使用され、次いで畜産分野でも使用されています。医療分野では、殺菌剤や消毒剤に使用されています。その他の分野では、接着剤、建築、化学、繊維産業などで、殺虫剤、木材防腐剤、塗料などの製造に使用されています。

地域別の市場区分

地域別においては、アジア太平洋地域が最大の消費地となっています。アジア太平洋地域は、大規模な農業および畜産業を営んでいることから、世界の消費量の大半を占めています。次いで、北米、欧州と続いています。また、硫酸銅の最大の輸入国は米国で、世界全体の輸入量の約5分の1を占めています。続いて、オーストラリア、インドネシア、カナダ、ドイツとなっています。硫酸銅の世界最大の輸出国はロシアで、全世界の輸出量の約5分の1を占めています。その他の主な輸出国は、メキシコ、トルコ、中国、南アフリカとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]