フライホイールエネルギー貯蔵市場、2027年に4億3,530万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のフライホイールエネルギー貯蔵市場は、2021年に2億7,300万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.4%のCAGRで成長し、2027年には4億3,530万米ドル規模に達すると予想されています。

フライホイールエネルギー貯蔵は、ローターを高速で加速させることにより、エネルギーを回転エネルギーとしてシステム内に維持しながら貯蔵するプロセスのことです。このプロセスは、発電機として機能する回転中のローターを利用して、指令に応じてシステムから電力を引き出します。これは、軸の周りを回転する質量を持つ機械的なバッテリーで構成されています。フライホイールエネルギー貯蔵技術は、従来の鉛蓄電池に代わる優れた技術として浮上しています。フライホイールは、高真空環境で動作し、電気モーターを使って電力を機械的な力に変換します。フライホイールシステムは、摩擦が少なく、適度な耐風性があり、長寿命で環境に優しく、メンテナンスが不要であるため、電力網の周波数変調に利用されています。

市場の動向

世界のフライホイールエネルギー貯蔵市場は、主に自動車、送配電、情報技術(IT)など、さまざまな産業分野での応用によって牽引されています。フライホイールは、輸送や宇宙分野において、エネルギーの伝達や人工衛星の安定化や駆動に使用されます。さらに、さまざまな最終用途分野で、中断のないクリーンな電力供給へのニーズが高まっていることも、エネルギー貯蔵市場を後押ししています。これに伴い、世界各国の政府は、クリーンな電力の生成を促進するための取り組みを行っており、これが市場の成長にプラスの影響を与えています。また、フライホイールエネルギー貯蔵は、グリッドバランシング、再生可能エネルギーの統合、島や孤立したグリッドへの電力供給にも使用されています。さらに、フライホイールエネルギー貯蔵システムに電気機械、磁気軸受、炭素繊維から得られる高強度複合材料を使用するなどの研究開発(R&D)活動やイノベーションが、市場の需要を促進しています。

主要な市場区分

世界のフライホイールエネルギー貯蔵市場は、アプリケーションおよび地域に基づいて細分化されています。

アプリケーション別の市場区分

・無停電電源装置(UPS)

・分散型エネルギー生成

・交通機関

・データセンター

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のフライホイールエネルギー貯蔵市場における主要な企業としては、ABB Ltd, Adaptive Balancing Power GmbH、Amber Kinetics Inc.、Beacon Power LLC、Calnetix Technologies LLC、Energiestro、Langley Holdings plc、Oxto Energy、Phillips Service Industries Inc.、Schwungrad Energie Limited、Siemens Aktiengesellschaft、Stornetic GmbH、Teraloop Oyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]