ハイブリッドクラウド市場、2027年に2,624億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のハイブリッドクラウド市場は、2021年に853億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は19.63%のCAGRで成長し、2027年には2,624億米ドル規模に達すると予想されています。

ハイブリッドクラウドとは、オンプレミス、プライベート、パブリック、サードパーティーのクラウドサービスを組み合わせたクラウドコンピューティング環境を指します。パブリックとプライベートのプラットフォーム間でワークロードを移動させ、コンピューティング環境の統一、自動化、管理を可能にします。ハイブリッドクラウドアーキテクチャは、通常、Infrastructure as a Service、Platform as a Service、Software as a Serviceという3種類のサービスモデルを利用します。また、オンプレミスまたはサードパーティーのクラウドプロバイダーがホストするプライベートクラウドと、両環境間の安定したWAN(Wide Area Network)接続を利用します。リモートワークの包括的なサポート、運用コストの最小化、拡張性・制御性・セキュリティ・リスク管理の改善など、さまざまなメリットを提供します。そのため、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、情報技術(IT)、医療、政府・公共機関、小売業、製造業など、さまざまな業界で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

急速なデジタル化とクラウドコンピューティングサービスの広範な導入は、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。さらに、俊敏で拡張性の高い、コストパフォーマンスの高いコンピューティングシステムに対する需要の高まりも、市場の成長を後押ししています。ハイブリッドクラウドにより、企業はデータの制御を維持し、運用の拡張性を高めることができます。これとは別に、世界中でCOVID-19が突然発生したため、企業はリモートワークやビデオ会議ツールを導入し、事業継続のためのハイブリッドクラウドシステムに対する需要を高めています。また、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、機械学習(ML)、エッジコンピューティングの統合など、さまざまな技術的進歩も市場成長に寄与しています。その他、Software-as-a-Service(SaaS)やマルチクラウド空間の導入が進んでいることや、ITインフラの改善なども、市場の成長をさらに加速すると予想されます。

主要な市場区分

世界のハイブリッドクラウド市場は、コンポーネント、サービス、サービスタイプ、サービスモデル、企業規模、業種に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

ソリューション

サービス

サービス別の市場区分

プロフェッショナルサービス

マネージドサービス

サービスタイプ別の市場区分

クラウドマネジメント&オーケストレーション

ディザスターリカバリー

ハイブリッドホスティング

サービスモデル別の市場区分

Infrastructure as a Service

Platform as a Service

Software as a Service

企業規模別の市場区分

小企業

中企業

大企業

業種別の市場区分

政府・公共機関

ヘルスケア

銀行、金融、サービス、保険 (BFSI)

小売

情報通信技術

製造業

その他

市場の競合状況

世界のハイブリッドクラウド市場における主要な企業としては、Alibaba Group Holding Limited, Amazon Inc., Century Link Inc., Cisco Systems Inc., Citrix Systems Inc., Dell Technologies Inc., DXC Technology Company, Fujitsu Ltd. (Furukawa Group), Google (Alphabet Inc.), Hewlett Packard Enterprise Company, IBM Corporation, Microsoft Corporation, Oracle Corporation, Rackspace Inc., VMWare Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]