神経刺激装置市場、2027年に134億米ドル規模到達見込み

市場の概要

神経刺激装置の世界市場は、2021年に70億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.3%のCAGRで成長し、2027年には134億米ドル規模に達すると予想されています。

神経刺激装置は、人間の脳の特定部位に電気信号を送ることができるプログラム可能な医療用送信機です。また、患者の体内の自律神経系、中枢神経系、末梢神経系の活動を刺激、抑制、修正、調節、変更するために使用されます。これは主に、運動障害、慢性疼痛、てんかんなどの様々な医学的疾患の治療に役立ちます。また、神経補綴物、補聴器、人工視覚、義肢、ブレイン・マシン・インターフェースの操作にも利用されています。神経刺激装置は、埋め込み型と外付けの両方があります。

市場の動向

神経疾患や生活習慣病の患者数が増加していることや、世界中で老年人口が急増していることは、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。さらに、患者の低侵襲性(MI)処置に対する要求の高まりも、市場成長に拍車をかけています。例えば、脳深部刺激療法(DBS)は、神経刺激装置を用いて脳回路の特定の場所に電気信号を送達するMI処置の一つです。これは、パーキンソン病やアルツハイマー病など、さまざまな変性疾患の治療に役立ちます。さらに、神経系を電子的に刺激して視力を回復させたり、麻痺後の運動動作を回復させたりする装置の開発など、技術の進歩が市場に明るい展望をもたらしています。その他、医療業界の著しい成長、医療費の増加、大規模な研究開発(R&D)活動などが、今後数年間にわたり市場を牽引すると予測されています。

主要な市場区分

神経刺激装置の世界市場は、刺激タイプ、デバイスタイプ、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

刺激タイプ別の市場区分

内部刺激

外部刺激

デバイスタイプ別の市場区分

SCS(脊髄刺激)装置

DBS(脳深部刺激)装置

SNS(仙骨神経刺激)装置

VNS(迷走神経刺激)装置

GES(胃電気刺激)装置

経皮的電気神経刺激装置

経頭蓋磁気刺激装置

その他

用途別の市場区分

疼痛治療

てんかん

本態性振戦

尿失禁・便失禁

うつ病

ジストニア

パーキンソン病

その他

エンドユーザー別の市場区分

リハビリテーションセンター

病院

診療所

その他

市場の競合状況

神経刺激装置の世界市場における主要な企業としては、Biocontrol Medical、Boston Scientific Corporation、Cyberonics Inc.、Medtronic Inc.、Neuronetics Inc.、Neuropace Inc.、Neurosigma Inc.、Nevro Corporation、ST. Jude Medical Inc.、Synapse Biomedical Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]