ホットランナー市場、2027年に52億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のホットランナー市場は、2021年に34億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.47%のCAGRで成長し、2027年には52億米ドル規模に達すると予想されています。

ホットランナーは、様々なプラスチック製品の製造のために、金型ツールのキャビティに溶融プラスチックを移送するために使用される工業用供給装置です。ノズル、マニホールドプレート、流量制御システム、ホットバルブで構成されています。マニホールドシステムを使用してプレートを加熱し、金型キャビティに流れ込むまで材料を溶融状態に保ちます。ホットランナーには、バルブゲート式とオープンゲート式の2種類が一般的です。従来から使われているコールドランナー方式に比べ、ホットランナーは材料が固化しないので、サイクルタイムが短く、プラスチック廃棄物の発生も少なく、最終製品を平滑にするためのトリミングを大幅に減らすことができます。そのため、自動車、建設、エレクトロニクス、医療、パッケージングなど、さまざまな産業で幅広く利用されています。

市場の動向

世界的な急速な工業化は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、自動車産業やヘルスケア産業で射出成形プラスチック製品の需要が増加していることも、市場の成長を後押ししています。例えば、自動車メーカーは、二酸化炭素の排出を最小限に抑え、エネルギー効率を高めた軽量車両の組み立てに、外装、内装、照明、ボンネット内の部品に射出成形品を広く使用しています。さらに、モノのインターネット(IoT)とスマートセンサーによる接続デバイスの統合などのさまざまな技術的進歩も、市場の成長要因として作用しています。これらの革新的な技術は、プラスチック成形プロセスに関するデータのリアルタイムな収集と分析を支援し、製造上の欠陥やエラーの可能性を低減させることにも役立っています。その他、インダストリー4.0の登場や、軽量プラスチック成形システムの使用を促進する有利な政府政策の実施などが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のホットランナー市場は、ゲートタイプ、製品タイプ、最終使用産業に基づいて細分化されています。

ゲートタイプ別の市場区分

・バルブゲートホットランナー

・オープンゲートホットランナー

製品タイプ別の市場区分

・断熱式ランナー

・加熱式ランナー

最終使用産業別の市場区分

・自動車

・電子機器

・医療

・パッケージング

・その他

市場の競合状況

世界のホットランナー市場における主要な企業としては、Barnes Group Inc., CACO PACIFIC Corporation, EWIKON HeiBkanalsysteme GmbH, Fast Heat UK Limited, FISA Corporation, GUNTHER Heisskanaltechnik GmbH, Husky Injection Molding Systems Ltd., INCOE Corporation, Inglass S.p.A (OC Oerlikon Management AG), Milacron Holdings Corp. (Hillenbrand Inc.), Seiki Corporation, Yudo Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]