創薬インフォマティクス市場、2027年に51億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の創薬インフォマティクス市場は、2021年に27億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.62%のCAGRで成長し、2027年には51億米ドル規模に達すると予想されています。

創薬インフォマティクスとは、大量の生化学データを分析・解釈するために用いられる技術的ソリューションです。このデータは、研究目的で臨床研究室で行われた実験から生成され、様々な医薬品の開発に関する洞察を得るために利用されます。創薬・開発のためには、シーケンシング、ターゲットデータの解析、データの可視化、ドッキング、分子モデリング、データベース保護など、ソフトウェアやハードウェアをベースとした数多くのツールが必要となります。その結果、医療機関、製薬会社、バイオテクノロジー企業、CRO(Contract Research Organization:医薬品開発業務受託機関)などで広く利用されています。

市場の成長要因

世界各国の医療・製薬業界の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、慢性疾患の増加や、希少疾患の治療に効果的なソリューションを求める声が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。創薬インフォマティクスは、製薬企業が新薬の分析や複数のソースからの生物学的情報の取り扱いに広く利用されています。さらに、モデリングとシミュレーションによって薬物動態の結果を予測する革新的な生理学的薬物動態(PBPK)シミュレータプラットフォームの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促進する要因となっています。また、政府や民間の医療機関によるオーファンドラッグ開発への投資が増加していることも、市場の成長に寄与しています。その他、高齢者人口の増加や、バイオインフォマティクス分野での広範な研究開発活動なども、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界の創薬インフォマティクス市場は、ワークフロー、機能、モード、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

ワークフロー別の市場区分

・創薬

・医薬品開発

機能別の市場区分

・シーケンス解析プラットフォーム

・分子モデリング

・モレキュラー・ドッキング

・臨床試験データ管理

・その他

モード別の市場区分

・アウトソーシング

・インハウス

エンドユーザー別の市場区分

・製薬企業

・バイオテクノロジー企業

・開発業務受託機関(CRO)

・その他

市場の競合状況

世界の創薬インフォマティクス市場における主要な企業としては、Accenture Plc、Certara、Charles River Laboratories Inc.、Collaborative Drug Discovery Inc.、Eurofins DiscoverX Products、Infosys Ltd.、International Business Machines Corporation、Jubilant Biosys Limited、Oracle Corporation、PerkinElmer Inc.、Selvita、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]