マーガリン市場、2027年に41億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のマーガリン市場は、2021年に33億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.8%のCAGRで推移し、2027年には41億米ドル規模に達すると予想されています。

マーガリンは、外観、粘性、味、栄養価が類似しているバターの非乳製品代替品です。トウモロコシ、パーム、カノーラ、大豆など、様々な精製植物油の混合により製造されます。マーガリンは、血中コレステロール値を低く保ち、心血管疾患のリスクを軽減するのに役立つ必須脂溶性栄養素の良い供給源として機能します。スティック状、キューブ状、タブ状、液体、スプレー、ブロックなど、様々な形態で広く利用されています。マーガリンは、ベーカリー、菓子、家庭用調理に広く使用されています。

市場の動向

飽和脂肪の悪影響に対する消費者の健康への懸念の高まりは、バターからマーガリンへのシフトの増加につながっています。また、乳糖不耐症の有病率の高さと、乳製品を含まないマーガリンに対する意識の高まりが、製品需要をさらに押し上げています。また、ビーガン(完全菜食主義者)志向の高まりや消費者の食習慣の変化も、マーガリン市場の成長を押し上げています。さらに、ベーカリー分野の拡大により、ペストリー、ドーナツ、クッキーなどの調理におけるマーガリンの利用がさらに増加しています。小規模で職人的なベーカリーでは、ボリューム感や食感を出し、焼き菓子の風味を高めるために、バターからマーガリンに切り替えているところもあります。これとは別に、クリーンラベルや持続可能な製品に対する消費者の意識の高まりから、非遺伝子組み換え、アレルゲンフリー、自然由来のマーガリンが登場するようになりました。メーカー数社は、オリーブオイル、パームオイル、コーンオイルなど、より健康的な植物油で構成された有機マーガリンや低カロリーのマーガリンを発売しています。このことは、予測期間中、マーガリンの世界市場をさらに加速すると予想されます。

主要な市場区分

マーガリンの世界市場は、原料、形態、流通チャネル、用途に基づいて細分化されています。

原料別の市場区分

植物性

動物性

形態別の市場区分

スティック

立方体

チューブ

液体

その他

流通チャネル別の市場区分

ハイパーマーケット・スーパーマーケット

コンビニエンスストア

専門店

オンラインストア

その他

用途別の市場区分

家庭用

ベーカリー

菓子類

スプレッド、ソース、トッピング

その他

市場の競合状況

マーガリンの世界市場における主要な企業としては、Bunge Limited、Conagra Brands, Inc.、EFKO Group、NMGK Group、PURATOS、Richardson International Limited、Vandemoortele、Wilmar International Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]