アロマケミカル市場、2027年に87億米ドル規模到達見込み

市場の概要

アロマケミカルの世界市場は、2021年に61億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6%のCAGRで成長し、2027年には87億米ドル規模に達すると予想されています。

アロマケミカルは、植物や動物から抽出された合成または天然化合物を用いて作られた揮発性の化学物質です。これらは、フレーバーや香水のユニークなブレンドを調合する際に不可欠な原料として機能します。また、化粧品、焼き菓子、キャンディー、アルコール飲料、非アルコール飲料の製造にも使用されています。また、クリーニングやパーソナルケア製品などのFMCG(Fast-Moving Consumer Goods)にも使用されています。

市場の動向

世界的な人口の増加と個人の所得水準の上昇に支えられたエキゾチックな香り強化剤と香料の需要の大幅な増加は、アロマケミカルの世界市場規模にプラスの影響を与える重要な要因の一つを表します。また、個人のグルーミングと衛生に関する大衆の間の意識の高まりは、魅力的な香りを持つクリーニング、ホーム、パーソナルケア(HPC)製品の採用を増やしています。このほか、旅行・観光分野の急成長やホテル、レストラン、カフェ、バーの増加が、エキゾチックな香りを持つトイレタリー製品の需要を促進しています。また、毒性がなく、アレルギー反応もなく、肌にも無害な天然成分を好む消費者が増えていることも、バイオベースのアロマケミカルの需要を世界的に押し上げています。さらに、アロマセラピーにおいて、有機的で自然な癒しの香りが個人の心理的・感情的な幸福感に影響を与えるとして、その使用量が増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、主要企業による研究開発(R&D)活動への投資の増加が、スマートな価格戦略で革新的な製品を開発し、市場の成長を後押しするものと予想されています。

主要な市場区分

アロマケミカルの世界市場は、タイプ、製品、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

天然

合成

合成アロマケミカルは、香りの持続性が高く、様々な香りをカスタマイズできることから、最大の市場シェアを有しています。

製品別の市場区分

ベンゼノイド

ムスク系香料

テルペノイド

その他

テルペノイドは、薬効・治療効果が高いため、大半のシェアを占めています。

用途別の市場区分

石鹸および洗浄剤

化粧品およびトイレタリー

ファインフレグランス

その他

芳香族を配合したトイレタリー製品やパーソナルケア製品の需要が拡大していることから、石鹸と洗剤が市場で優位性を示しています。

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

欧州

北アメリカ

中東・アフリカ

中南米

アジア太平洋地域は、人口の増加とパーソナルケア製品への需要の高まりにより、市場シェアの大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]