赤ちゃん用おしゃぶり市場、2027年に5億3,050万米ドル規模到達見込み

市場の概要

赤ちゃん用おしゃぶり市場は、2021年に3億7,230万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.12%のCAGRで成長し、2027年には5億3,050万米ドル規模に達すると予想されています。

赤ちゃん用おしゃぶりは、ダミー、ティザー、ソザーとも呼ばれ、赤ちゃんを慰めたり、楽しませたり、泣き止ませたりするために使用される製品です。おしゃぶりは、ゴム、ラテックス、シリコンなど、柔らかく、自然で、柔軟性のある素材で作られています。ただし、シリコン製のおしゃぶりは、ラテックス製のものよりも耐久性があるとされています。おしゃぶりは、生後数ヶ月の赤ちゃんが騒いだり、疝痛を起こしたり、吸い癖がついたりしたときに、赤ちゃんを落ち着かせる効果的な手段として使用されます。おしゃぶりは、乳幼児突然死症候群(SIDS)を防ぐためにも医師から推奨されています。また、子どもがストレスを解消し、新しい状況に適応するための移行対象としても考えられています。

市場の動向

世界の赤ちゃん用おしゃぶり市場は、主に世界的な出生率の上昇によって牽引されています。これにより、一時的な気晴らしになり、赤ちゃんの入眠を助け、フライト中の不快感を和らげる赤ちゃん用おしゃぶりなど、さまざまなベビー用品の需要が高まっています。また、ライフスタイルの急速な変化や個人の可処分所得の増加も市場の成長を促しています。さらに、メーカーはターゲットとなる顧客に対応した革新的な製品を発表しています。例えば、米国のSmilo社(Momma Goose Inc.)は、赤ちゃんの年齢に合わせたサイズで、口の中で膨らみ、最適なサポートをしてくれる赤ちゃん用おしゃぶりの新製品を発売しました。また、赤ちゃんの空気の吸い込みを抑えて、お腹が張るのを防ぐおしゃぶりも開発しています。

主要な市場区分

世界の赤ちゃん用おしゃぶり市場は、タイプ、サイズ、流通チャネルに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・ワンピースおしゃぶり

・マルチピースおしゃぶり

サイズ別の市場区分

・小型

・中型

・大型

流通チャネル別の市場区分

・オンライン

・オフライン

市場の競合状況

世界の赤ちゃん用おしゃぶり市場における主要な企業としては、Angelcare USA LLC、Baby Shusher LLC、Doddle & Co、Handi-Craft Company、Koninklijke Philips N.V、Mam Babyartikel GmbH、Mayborn Group Limited (Shanghai Fuxin Fine Chemical Co. Ltd.)、Natursutten ApS、Newell Brands Inc.、Pigeon Corporation、The Natural Baby Company LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]