ヒトインスリン市場、2027年に635億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のヒトインスリン市場は、2021年に404億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.11%のCAGRで成長し、2027年には635億米ドル規模に達すると予想されています。

ヒトインスリン(HI)は、医薬品として使用するために研究所で合成される合成インスリンの一種です。ヒトに自然に存在するインスリンの特性を模倣するために、インスリンタンパク質を大腸菌(Escherichia coli)の細胞内で増殖させ、バイオエンジニアリングによって製造されるものです。HI治療薬には、速効型、長時間型、プレミックス型の3種類があります。これらは、溶液または懸濁液として使用され、通常皮下注射され、血液中のブドウ糖が脂肪細胞、骨格筋、肝臓などの内臓に取り込まれるのを促します。また、肝臓でのグルコース産生、脂肪分解、タンパク質分解を抑制し、体内でのタンパク質合成を促進させます。

市場の動向

世界中で肥満や糖尿病が増加していることは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つです。座りがちなライフスタイル、高齢者人口の増加、不健康な食生活により、多くの人が慢性的な生活習慣病に罹患しており、インスリン治療薬の需要が高まっています。さらに、高効率でコストパフォーマンスに優れたバイオシミラー医薬品の需要が高まっていることも、市場の成長に拍車をかけています。HIを体内に投与するためのペン型器具や安全なペン型注射針の開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長に好影響を与えています。標準的な針と比較して、これらの安全ペンは、血液由来病原体の感染による怪我、不快感、感染症を最小限に抑えることを確実にします。その他、一般消費者の健康意識の高まりや、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発(R&D)などが、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界のヒト用インスリン市場は、製品タイプ、流通チャネル、疾患タイプに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

治療薬

ヒトインスリン類似体およびバイオシミラー

-速効型

-長時間作用型

-プレミックス

ヒトインスリン生物学的製剤

-短時間作用型

-中時間作用型

-プレミックス

デリバリーデバイス

ペン

-再利用可能ペン

-使い捨てペン

ペン型ニードル

-標準ペン針

-安全ペン針

注射器

その他

流通チャネル別の市場区分

小売薬局

病院薬局

オンラインショップ

その他

疾患タイプ別の市場区分

I型糖尿病

II型糖尿病

市場の競合状況

世界のヒト用インスリン市場における主要な企業としては、B. Braun Melsungen AG、Becton, Dickinson and Company(BD)、Biocon、Eli Lilly and Company、Gulf Pharmaceutical Industries(Julphar)、Novo Nordisk A/S、Pfizer Inc.、Grouppe Sanofi、Sedico Co.、Wockhardt Limited、Ypsomed AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]