ロボット溶接市場、2027年に101億米ドル規模到達見込み

ロボット溶接の世界市場は、2021年に60億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.40%のCAGRで成長し、2027年には101億米ドル規模に達すると予想されています。

ロボット溶接は、自動溶接としても知られており、金属材料を加熱、混合、冷却する機械化されたプログラム可能な機器を使用して、2つの材料を融合させるプロセスを指します。ロボット溶接は、欠陥の原因となるヒューマンエラー、疲労、注意力散漫を軽減しながら、溶接の整合性を高め、高速で高品質な溶接を可能にします。より正確で精密な溶接を可能にするため、ロボット溶接は手作業による溶接に比べ、金属スクラップや廃棄物が少なくなります。さらに、ロボット溶接は、より少ない人員でさまざまな溶接工程を行うことができ、生産に必要な人員を追加で雇用する必要がありません。そのため、自動車、電子機器、航空宇宙、防衛、建設、鉱業など、世界中の産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

労働災害の減少、注文処理速度と精度の向上、コスト削減と稼働時間の増加のため、世界中でロボット溶接の利用が増加しています。これは、作業スペースの効率的な使用を強化し、最終用途産業におけるサプライチェーンのパフォーマンスを向上させるためのロボット溶接の需要の増加とともに、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、主力企業はロボット溶接が提供する機能や利点を改善するために、研究開発活動への投資を積極的に行っています。これは、クラウドベースの操作やリモートモニタリングなど、複数の要件に対応したロボット溶接のカスタマイズの向上と相まって、人間の労働力との互換性を高めるための物理的なサイズの有効性が、市場に好影響をもたらしています。さらに、自動車産業における抵抗スポット溶接やアーク溶接のためのロボット溶接の採用が増加していることは、市場の投資家に有利な成長機会をもたらしています。さらに、ロボット溶接は再プログラムが可能なため、ハードツールを最小限に抑えることができ、市場の成長を後押しすると予測されています。

主要な市場区分

ロボット溶接の世界市場は、タイプ、ペイロード、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

スポット溶接

アーク溶接

その他

ペイロード別の市場区分

50Kg未満

50Kg以上150kg未満

150Kg以上

エンドユーザー別の市場区分

自動車・輸送機器

電気・電子

金属・機械

その他

市場の競合状況

ロボット溶接の世界市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Comau (Stellantis N.V.), DAIHEN Corporation, FANUC Corporation, Hyundai Robotics Co. Ltd. (Hyundai Heavy Industries Group), Kawasaki Heavy Industries Ltd., KUKA AG, Nachi-Fujikoshi Corp., Panasonic Corporation, Siasun Robot & Automation Co. Ltd., Yaskawa Electric Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]