軽量材料市場、2027年に2,861億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の軽量材料市場は、2021年に1,771億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.10%のCAGRで成長し、2027年には2,861億米ドル規模に達すると予想されています。

軽量材料は、アルミニウム、マグネシウム、ベリリウム、チタン、チタンアルミナイド、エンジニアリングプラスチック、構造セラミックス、ポリマー、セラミックマトリックスからなる複合材料や金属合金です。これらの材料は環境に優しく、二酸化炭素排出量の削減に貢献し、耐腐食性、耐酸化性、高い電気・熱伝導性、低密度、高い反射率、高い延性、高強度、コスト効率などの利点があります。そのため、航空宇宙、防衛、医療、エレクトロニクス、建設、自動車、パッケージングなど、世界中の産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

軽量材料は、安全性、性能、リサイクル性、コストを犠牲にすることなく大型車の重量を軽減できるため、自動車分野で自動車のさまざまな部品の製造に使用されています。このことは、急成長する自動車産業と相まって、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、軽量材料は、バッテリーや電気モーターなどのパワーシステムの重量を相殺するため、ハイブリッド電気自動車、プラグインハイブリッド電気自動車、電気自動車の効率と走行距離を向上させるのに役立ちます。これは、有害な大気汚染を減らすために電気自動車(EV)を導入する動きが活発化していることと相まって、市場の成長を後押ししています。また、風力発電分野では、風車の製造に軽量材料の採用が進んでおり、世界的に市場にプラスの影響を与えています。このほか、燃料消費量の削減を目的とした航空業界における軽量材料の用途拡大が、業界の投資家に有利な成長機会を提供しています。これとは別に、食品・飲料(F&B)業界では、箔、飲料缶、調理・食品加工器具の製造にアルミニウム合金の使用が増加しています。これは、拡大する食品・飲料業界と相まって、軽量材料の需要を促進しています。

主要な市場区分

軽量材料の世界市場は、タイプ、流通チャネル、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

金属合金

複合材料

高分子材料

流通チャネル別の市場区分

直接

間接

用途別の市場区分

自動車

航空宇宙

風力

船舶

エレクトロニクス

建設機械

消費財

その他

市場の競合状況

軽量材料の世界市場における主要な企業としては、Alcoa Corporation, Arcelormittal S.A., China Hongqiao Group Limited, Dupont De Nemours Inc., Exxon Mobil Corporation, Novelis Inc. (Hindalco Industries Limited), Saudi Basic Industries Corporation (Saudi Arabian Oil Co.), SGL Carbon SE, Solvay S.A., Teijin Limited, Thyssenkrupp Ag, Toray Industries Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]