ナチュラルキラー細胞治療薬市場、2027年に51億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のナチュラルキラー細胞治療薬市場は、2021年に21億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は15.65%のCAGRで成長し、2027年には51億米ドル規模に達すると予想されています。

ナチュラルキラー(NK)細胞治療薬は、効率的な細胞傷害性で複数の病原性抗原を標的とし、サイトカインストームのリスクを軽減します。NK細胞は、患者固有の免疫細胞に依存することなく、様々なソースから産生することができます。現在、サイトカインや低分子薬剤を用いた生体外プレコンディショニングやキメラ抗原受容体(CAR)NKの作製など、いくつかの戦略が開発され、NK細胞治療薬の有効性を高めています。また、研究者たちは、強力な免疫細胞の強固な増殖、ターゲティングの強化、および持続性の拡大を通じて、同種異系NK細胞の治療効果を最大限に高めることに注力しています。これにより、強力かつ持続的な抗がん免疫媒介攻撃を行うことができるようになります。

市場の動向

がん、感染症、肝疾患の患者数が大幅に増加していることが、市場の成長を促進する主な要因の一つとなっています。これは、不健康な食生活、運動不足、大気汚染の拡大、アルコールやタバコを摂取する人の増加などに起因しています。また、がんの発症リスクは年齢とともに劇的に上昇するため、世界中で老年人口が増加していることも、NK細胞治療薬の需要を高める要因となっています。さらに、がん患者の免疫反応は十分ではないため、医療関連企業は、同種異系、既製のNK細胞ベースの治療法を通じて免疫反応を高める新しい方法と技術を開発しています。加えて、リスクや毒性を最小限に抑えながら、NK細胞療法の治療効果を高めるために、腫瘍を標的とした抗体戦略に焦点を当てた臨床研究が増加しています。その他、多数国の政府ががん患者に対する資金援助を行っていることも、市場に好影響を及ぼしています。

主要な市場区分

世界のナチュラルキラー細胞治療薬市場は、治療薬、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

治療薬別の市場区分

・NK細胞治療薬

・NK細胞指向性抗体

用途別の市場区分

・がん

・消化器系疾患

・免疫増殖性疾患

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・研究施設・研究所

・その他

市場の競合状況

世界のナチュラルキラー細胞治療薬市場における主要な企業としては、Affimed GmbH, Bristol-Myers Squibb Company, Fate Therapeutics, Fortress Biotech Inc., Glycostem Therapeutics, Innate Pharma S.A., Kuur Therapeutics Inc.(Athenex Inc.), Nkarta Inc., Takeda Pharmaceutical Company Limited, Ziopharm Oncology Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]