BOPPフィルム市場、2027年に259億米ドル規模到達見込み

市場の概要

BOPPフィルムの世界市場は、2021年に190億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.9%のCAGRで成長し、2027年には259億米ドル規模に達すると予想されています。

BOPP(二輪延伸ポリプロピレン)フィルムは、製品のラベルやラミネート、パッケージの製造に使用される熱可塑性ポリマーです。BOPPフィルムは、ポリプロピレンフィルムを機械方向(MD)と機械横断方向(AMD)の両方に延伸・屈曲して製造されます。耐湿性、耐油性、高耐久性、光学的透明性など、さまざまな特性を持っています。また、耐屈曲性、耐低温衝撃性、美観、単層または均質構造、シール性など、さまざまな利点があります。そのため、食品、パーソナルケア製品、医薬品、電気・電子産業などのパッケージに広く使用されています。

市場の成長要因

食品・飲料業界の成長に伴い、効率的な医薬品パッケージングソリューションへの要求が高まっていることは、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。さらに、すぐに食することができる食品や乳製品、その他の飲料(コーヒー、炭酸ソーダ、カフェイン飲料、ミックス飲料など)に軟包装が広く採用されていることも、市場の成長に貢献しています。BOPPフィルムは、共押出しのヒートシール可能なフィルムや逆印刷可能なフィルムとして、医薬品や薬剤の包装にも使われています。これらのフィルムは、内容物の栄養、色、風味を損なわず、大量の製品を迅速かつ安全に輸送することを可能にします。また、1枚ものや塩素を含まないタイプの製品の開発など、さまざまな製品イノベーションも市場の成長要因となっています。これらのフィルムは、従来使用されてきたセロハンやワックスペーパー、アルミホイルと比較して、費用対効果が高く、環境への影響も最小限に抑えられています。また、消費者の便利なパッケージへの関心の高まりや、広範な研究開発(R&D)活動なども、市場を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界のBOPPフィルム市場は、タイプ、厚さ、生産工程、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

ラップ

袋・パウチ

テープ

ラベル

その他

厚さ別の市場区分

15ミクロン未満

15~30ミクロン

30~45ミクロン

45ミクロン以上

生産工程別の市場区分

テンター

チューブラー

用途別の市場区分

食品

飲料

タバコ

パーソナルケア

医薬品

電気・電子

その他

市場の競合状況

世界のBOPPフィルム市場における主要な企業としては、Altopro, S.A. de C.V., Amcor Plc, Ampacet Corporation, Chiripal Poly Films Limited, Clondalkin Flexible Packaging, Cosmo Films Limited, Futamura Chemical Co. Ltd.、Innovia Films Limited(CCL Industries)、Jindal Poly Films Limited、Mondi Plc、Polyplex Corporation Ltd.、Printpack Holdings Inc.、Toray Industries Inc.、Uflex Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]