不動産管理ソフトウェア市場、2027年に32億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の不動産管理ソフトウェア市場は、2021年に23億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.4%のCAGRで成長し、2027年には32億米ドル規模に達すると予想されています。

不動産管理ソフトウェア(PMS)とは、不動産管理会社がバックオフィス、財務、管理業務を自動化するために使用するアプリケーションベースのソリューションのことを指します。PMSは、財務報告、電子契約書の作成、文書のオンライン保存と共有、統合バンキングなど、さまざまな機能を実行します。また、賃料の徴収やメンテナンス・修理のスケジュール管理、テナントや賃借人の追跡などに必要な手間を最小限に抑えることができます。これにより、管理者、オーナー、オペレーターは、不動産の管理に関連するタスクを簡素化し、自動化することができます。このため、住宅や商業用不動産の管理に広く使用されています。

市場の動向と推進要因

不動産業界の大幅な成長と、業界全体における自動化の進展は、不動産管理ソフトウェア市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。PMSは、信頼性が高く、ユーザーフレンドリーで安全なプラットフォームを不動産業者に提供し、ヒューマンエラーのリスクを最小限に抑え、不動産管理者がタスクを効果的に割り当てたり委任したりすることを可能にします。さらに、人工知能(AI)、機械学習(ML)、バーチャルリアリティ(VR)、クラウドコンピューティングソリューションとの統合など、さまざまな技術的進歩も市場成長を後押ししています。これらのソリューションは、電子文書の保管、メッセージや電子メールによるテナントとのコミュニケーションの維持、オンラインでの家賃支払いの促進など、透明で一元化されたプラットフォームを提供します。その他、インフラ整備の進展やSaaS(Software-as-a-Service)ベースのビジネスモデルの普及、消費者の購買力向上などの要因も、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界の不動産管理ソフトウェア市場は、コンポーネントとアプリケーションに基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

ソフトウェア

オンプレミス

クラウドベース

サービス

システムインテグレーション

トレーニング&サポート

コンサルティング

アプリケーション別の市場区分

非住宅

店舗

オフィス

ホテル

その他

住宅

集合住宅

一戸建て住宅

その他

市場の競合状況

世界の不動産管理ソフトウェア市場における主要な企業としては、Accruent LLC (Fortive Corporation)、Appfolio Inc.、Chetu Inc.、Console Australia Pty Ltd、Corelogic Inc.、London Computer Systems Inc.、MRI Software LLC、Oracle Corporation、Realpage Inc.、Resman LLC、Yardi Systems Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]