マイクロタービン市場、2027年に1,232億米ドル規模到達見込み

市場の概要

マイクロタービンの世界市場は、2021年に724億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.4%のCAGRで成長し、2027年には1,232億米ドル規模に達すると予想されています。

マイクロタービンは、液体または気体燃料で稼働する小型の燃焼式タービンで、発電機に電力を供給するものです。天然ガスや火力発電所の廃熱、灯油・軽油・暖房油などの石油系燃料を利用します。主に小規模な発電に用いられ、圧縮機、燃焼器、交流機、タービン、発電機、復水器から構成されています。排気エネルギーを回収し、圧縮された吸入空気を予熱することで発電機の電気効率を高めて運転します。マイクロタービンは、従来から使われている代替エネルギーと比較して、コンパクトで軽量、コストパフォーマンスが高く、可動部品や排気ガス、燃料の浪費が少ないのが特徴です。これらの利点から、待機電力、冷暖房複合発電(CCHP)、熱電併給(CHP)、資源回収、マイクログリッドシステムなど、幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

世界中でエネルギー需要が急速に増加していることは、市場を牽引する重要な要因の一つです。さらに、グリーンで持続可能な発電への注目が高まっており、マイクロタービンは二酸化炭素(CO2)、一酸化炭素(CO)、硫黄酸化物(SO2)、窒素酸化物(NO2)などの温室効果ガス(GHGs)の排出を最小限に抑え、安定した信頼できる電力を提供するため、市場成長を促進しています。さらに、さまざまな産業でCHPシステムが広く導入されていることも、市場の成長に寄与しています。CHPシステムは、下水処理場、醸造所、製紙工場、ゴム工場、寒冷地での余熱供給などの分野で広く利用されています。さらに、段階的に廃止される石炭・原子力発電所を近代的かつ革新的な発電所に置き換えることや、遠隔地のオフグリッドシステムにマイクロタービンを設置することが、市場に明るい展望をもたらしています。その他にも、エネルギー分野への投資の増加や大規模な研究開発(R&D)などの要因が、市場成長をさらに加速すると予測されます。

主要な市場区分

マイクロタービンの世界市場は、用途、定格出力、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

用途別の市場区分

熱電併給(CHP)

待機電力

定格出力別の市場区分

12kW~50kW

50kW~250kW

250kW~500kW

エンドユーザー別の市場区分

住宅用

商業用

工業用

市場の競合状況

マイクロタービンの世界市場における主要な企業としては、Ansaldo Energia SPA, Bladon Jets, Capstone Turbine Corporation, FlexEnergy Inc., Brayton Energy, LLC, Toyota Motor Corporation, Micro Turbine Technology B.V., ICR Turbine Engine Corporation, Calnetix Technologiesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]