プレキャストコンクリート市場、2027年に1,582億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のプレキャストコンクリート市場は、2021年に1,150億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.4%のCAGRで成長し、2027年には1,582億米ドル規模に達すると予想されています。

プレキャストコンクリートは、制御された環境下で再利用可能な金型を用いて、コンクリートの準備、鋳造、硬化を行って製造されます。鋳造されたコンクリートは、建設現場に運ばれ、壁パネル、トンネル、床、梁、柱、パイプ、ガーダー、階段などの構造部材に使用されます。プレキャストの構造部材は、原位置のコンクリートに比べて経済的で実用的な性質を持っています。プレキャストコンクリート部材は、鋳造時にコンクリートにスチール・コネクターを埋め込むことで、ボルトで結合することができます。また、寸法精度が高く、ユニークで画期的な構造物を卓越した品質で開発できるという選択肢があります。そのため、プレキャストコンクリートは一般的に、同一の構造を持つ手頃な価格のプロジェクトに使用されます。また、構成要素を簡単に組み替えることができるため、将来の建設プロジェクトを計画しやすいという利点もあります。

市場の動向

世界のプレキャストコンクリート市場は、急速な都市化と住宅・商業空間の需要拡大が主な要因となっています。環境問題への関心が高まる中、プレキャストコンクリートはリサイクルや再利用が可能なため、原材料が環境に与える影響を最小限に抑えることができ、ビルや橋、スタジアムの建設に使用されるケースが増えています。また、世界各国の政府は、インフラ開発プロジェクトに投資しており、これが市場に好影響を与えています。さらに、プレキャストコンクリートは、プロジェクト全体のスケジュールを大幅に短縮し、原材料や人件費を節約できるため、各国の政府はプレキャストコンクリートの採用に向けてさまざまな取り組みを行っています。

主要な市場区分

世界のプレキャストコンクリート市場は、タイプ別、製品別、最終用途別に細分化されています。

タイプ別の市場区分

・床と屋根

・柱と梁

・階段と踊り場

・壁

製品別の市場区分

・構造用建築部材

・建築用部品

・輸送用製品

・水処理・廃棄物処理製品

・その他

最終用途別の市場区分

・住宅

・非住宅

市場の競合状況

世界のプレキャストコンクリート市場における主要な企業としては、Balfour Beatty plc、Boral Limited、CEMEX S.A.B. de C.V.、Elementbau Osthessen GmbH & Co. ELO KG、Forterra Inc.、Gulf Precast Concrete Co LLC、Holcim Group、Laing O’Rourke、Olson Precast Company、Spancrete Inc. (Wells Concrete)、Tindall Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]