シングルユース・バイオプロセシング市場、2027年に315億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のシングルユース・バイオプロセシング市場は、2021年に122億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は18.4%のCAGRで成長し、2027年には315億米ドル規模に達すると予想されています。

シングルユース・バイオプロセシングは、一度使用したら廃棄されるように設計された様々な医薬ソリューションや製品で構成されています。メディアバッグ、コンテナ、ろ過アセンブリ、シングルユース・バイオリアクター、ディスポーザブルミキサー、チューブ、コネクター、サンプラーなどが、最も一般的に使用されるシングルユース・バイオプロセシング製品の一部です。これらの製品は、モノクローナル抗体、ワクチン、植物細胞の培養、特定の細胞治療の生産によく使用されています。また、バイオ医薬品メーカーやライフサイエンス研究機関では、生産性の向上と二次汚染のリスクを最小限に抑えた廃棄の容易性から、これらの製品を利用しています。

市場の動向

世界的な医薬品需要の高まりは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。シングルユース・バイオプロセシング技術は、医薬品を製造する際の培地調製や生物製剤の出荷によく使用されています。さらに、高品位ポリマー材料やプラスチック複合材を使用して製造されたシングルユース製品は、一体型強度が強化され、全体的な運用コストの削減に役立つことから、ますます好まれるようになっています。また、バイオ製造の継続性も確保されるため、市場の成長に拍車をかけています。さらに、バイオプロセシングにおける自動化、ビッグデータ、機械学習(ML)ソリューションの活用を含む様々な技術的進歩が、市場に明るい展望をもたらしています。このような技術的ソリューションは、医療処置中のエラーを予測し、精度を向上させるための分析モデルの開発を支援するものです。その他、医療分野の著しい発展や広範な研究開発(R&D)活動などの要因も、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界のシングルユース・バイオプロセシング市場は、製品タイプ、用途、最終用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

メディアバッグ・コンテナ

フィルトレーションアッセンブリー

シングルユース・バイオリアクター

ディスポーザブルミキサー

その他

用途別の市場区分

ろ過

保管

細胞培養

ミキシング

精製

最終用途別の市場区分

上流

発酵

下流

エンドユーザー別の市場区分

バイオ医薬品メーカー

ライフサイエンス研究開発

その他

市場の競合状況

世界のシングルユース・バイオプロセシング市場における主要な企業としては、Applikon Biotechnology、Boehringer Ingelheim、Cesco Bioengineering Company、Corning Inc.、Danaher Corporation、Entegris、Eppendorf AG、Finesse Solutions Inc.、GE Healthcare、Infors、Merck Millipore、Rentschler Biotechnologie、Sartorius Stedim Biotech、Thermo Fisher Scientific、3M Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]