プロテオミクス市場、2027年に665億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のプロテオミクス市場は、2021年に264億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は18.2%のCAGRで成長し、2027年には665億米ドル規模に達すると予想されています。

プロテオミクスとは、プロテオームやその構造、生理機能などを大規模に研究することを指します。1994年、マーク・ウィルキンスは、ゲノムから翻訳されたタンパク質をプロテオームと呼び、生体内で合成されるタンパク質の一群を示しました。プロテオームには、既存のタンパク質が様々な条件にさらされたときに起こる修飾や変化が含まれています。プロテオミクスは、タンパク質の定量や同定、診断マーカーの検出、細胞内の病原体の理解、さまざまな疾患におけるタンパク質経路の解明など、さまざまな技術を応用しています。また、タンパク質の生産速度や相互作用のパターンを評価するため、創薬や個別化医療の開発にも幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

創薬やバイオテクノロジーの研究開発の増加とともに、個別化された医薬品への志向が高まっていることが、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。プロテオミクスシステムは、薬の化学合成と生物学的試験に必要な時間、コスト、資源を削減し、治療薬のプロセスを簡素化します。さらに、バイオマーカーの同定や質量分析ベースのプロテオミクスに関連する機会が、市場の成長をさらに後押ししています。さらに、タンパク質技術の包括的な分析における技術的な浸透が高まっていることも、市場を牽引しています。これらの技術には、エレクトロスプレーイオン化-液体クロマトグラフィー-質量分析法(ESI-LC-MS)、表面プラズマ共鳴、マイクロアレイ、タンパク質分画システム、X線結晶学が含まれます。これらの進歩により、タンパク質の徹底的な定量・定性分析が可能となり、がん治療薬や治療法の同定ができるようになりました。また、広範な研究開発(R&D)に対する有利な政府政策などの要因も、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界のプロテオミクス市場は、分析タイプ、コンポーネントタイプ、テクノロジー、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

分析タイプ別の市場区分

構造プロテオミクス

機能性プロテオミクス

タンパク質発現プロテオミクス

コンポーネントタイプ別の市場区分

コアプロテオミクスサービス

バイオインフォマティクスソフトウエアおよび関連サービス

テクノロジー別の市場区分

スペクトロスコピー

クロマトグラフィー

電気泳動

プロテインマイクロアレイ

X線結晶学

表面プラズモン共鳴

その他

アプリケーション別の市場区分

タンパク質発現プロファイリング

プロテオームマイニング

翻訳後修飾

エンドユーザー別の市場区分

臨床診断機関

研究機関(創薬)

その他

市場の競合状況

世界のプロテオミクス市場における主要な企業としては、Agilent Technologies Inc., Bio-RAD Laboratories Inc., Bruker Corporation, Creative Proteomics, Danaher Corporation, GE Healthcare Inc., Horiba Ltd., Luminex Corporation, Merck Group, Perkinelmer Inc., Promega Corporation, Thermo Fisher Scientific Inc., Waters Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]