中密度繊維板市場、2027年に333億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の中密度繊維板市場は、2021年に224億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.7%のCAGRで成長し、2027年には333億米ドル規模に達すると予想されています。

中密度繊維板(MDF)は、木の繊維を樹脂やワックスと混ぜ合わせ、熱と圧力をかけて平らなパネルに圧縮した集成材製品です。合板よりも密度が高く、湿気や水分を含んだ気候でも伸縮しないのが特徴です。また、他の木材製品に比べて品質が高く、低価格で提供されています。このような利点から、MDFは、床材、家具、キャビネット、天井材、工業用包装材など、住宅や商業施設のさまざまなプロジェクトで幅広く利用されています。

市場の成長要因

特に発展途上国における建築・建設業界の急成長は、世界のMDF市場の成長を促進する主な要因の一つです。さらに、MDFは再生木材を使用して製造される環境に優しい木材製品であり、樹木の保護や環境の保全に役立ちます。そのため、各国の政府は木製パネルの採用を奨励しており、これがMDF市場の成長をさらに促進しています。さらに、急速な都市化、世界人口の増加、所得水準の上昇などにより、商業施設や住宅の数が増加しています。これにより、今後数年間にわたり、MDFの需要が拡大すると予想されています。

主要な市場区分

世界の中密度繊維板市場は、住宅・商業用途別、新築・建替用途別、地域別に細分化されています。

住宅・商業用途別の市場区分

住宅用

商業用

MDFは軽量で、無垢材や合板の代替品として有効なため、住宅分野ではエンボス加工や家具用パネルなど多くの用途で使用されています。

新設・建替用途別の市場区分

新築用

建替用

新築用は市場全体の大半を占めています。これは、優れた作業特性と、幅広いシート厚とサイズのMDFを簡単に入手できることに起因しています。

地域別の市場区分

アジア太平洋地域

欧州

北アメリカ

ラテンアメリカ

中東・アフリカ

地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場となっています。これは、同地域で建設産業が急成長しており、より良い住宅や家具に対する需要が高まっていることによります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]