集成材市場、2027年に48億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の集成材市場は、2021年に40億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3%のCAGRで成長し、2027年には48億米ドル規模に達すると予想されています。

集成材(Glue Laminated Timber)は、複数の木材を耐久性と耐湿性のある構造用接着剤で接着したエンジニアードウッド製品の一種です。集成材は、腐食性のある環境や露出した環境でも高い抵抗力と剛性を持ち、断熱性にも優れています。集成材市場は、様々な産業分野での用途拡大により成長しています。集成材は、形状やサイズに柔軟性があり、広く普及している持続可能な素材です。接着剤付き木材は、形状やサイズに柔軟性があり、家庭用フレーミング、工業用建築などの様々な分野で使用されています。

主要な市場区分

世界の集成材市場は、最終用途、用途、地域に基づいて細分化されています。

最終用途別の市場区分

・床梁

・窓・ドアのヘッダー

・トラスと支柱

・屋根梁

・その他

最終用途別では、床梁、窓・ドアのヘッダー、トラスと支柱、屋根梁、その他に分類されています。集成材の最大の最終用途は床梁分野で、世界市場の3分の1以上を占めています。

用途別の市場区分

・新築

・交換

用途別では、新築用途が世界市場の大半を占めています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

地域別では、ヨーロッパが集成材の最大市場となっています。

市場の競合状況

世界の集成材市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・Structural Wood Systems, Inc.

・Mayr-Melnhof Holz Holding AG

・EcoCurves BV

・Fforest Timber Engineering Ltd

・Boise Cascade Company

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]