逆浸透(RO)膜市場、2027年に66億米ドル規模到達見込み

市場の概要

逆浸透(RO)膜の世界市場は、2021年に34億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.2%のCAGRで成長し、2027年には66億米ドル規模に達すると予想されています。

逆浸透(RO)とは、水を半透膜に通して高圧で押し出し、脱イオンまたは精製する技術を指します。RO膜は、飲料水から汚染物質や溶存塩類を分離する薄い濾過材です。RO膜は、ポリエステル支持層、微多孔質ポリスルホン中間層、極薄ポリアミドバリア層の3層から構成されています。この膜は、工業プロセスにも飲料水の製造にも使用することができます。RO膜は、蒸留や蒸発などの従来技術に代わる、環境にやさしくコストパフォーマンスの高い技術として、現在、世界中で浄水用に多く使用されるようになってきています。

市場の動向

近年、汚染レベルの上昇、産業の発展、人口増加、気候変動により、清潔で新鮮な水に対する需要が世界的に高まっています。このため、消費者は多くの水ろ過技術を選択するようになり、その中で最も好まれているのが逆浸透膜(RO膜)です。さらに、多くの国で海水淡水化が採用されています。海水淡水化では、水に含まれる過剰な塩分を除去し、使用に適した状態にするためにROプロセスに依存しています。これとは別に、各国の政府は水を媒介とする病気について国民に注意を喚起し、水ろ過システムの利用を促進しています。さらに、主要企業は、より長い膜寿命を提供し、交換率を低下させることができるハイブリッドおよび高度な膜技術を開発しています。これらの進歩により、発電所、自治体の水処理、鉱業・化学産業でのRO膜の利用が拡大すると予想されます。

主要な市場区分

逆浸透(RO)膜の世界市場は、素材タイプ、フィルターモジュール、最終用途に基づいて細分化されています。

素材タイプ別の市場区分

セルロース系メンブレン

セルロースアセテート(CA)膜

ニトロセルロース膜

薄膜複合膜

ポリアミド(PA)複合膜

GO系ポリアクリロニトリル膜

フィルターモジュール別の市場区分

プレート・アンド・フレーム(PF)

スパイラル

ピロー型

チューブラー型

スパイラル巻

中空糸

最終用途別の市場区分

海水淡水化装置

海水

汽水

RO浄化システム

家庭用および商業用

都市部

産業用機器

医療機器・診断薬

市場の競合状況

逆浸透(RO)膜の世界市場における主要な企業としては、Axeon Water Technologies, Dow Water & Process Solutions Inc., GE Water & Process Technologies, Hydranautics (A Nitto Denko Group Company), Keensen Technology Co. Ltd., Lanxess, LG Chem, Microdyn-Nadir GmbH, Toray Industries Inc., Toyobo Co. Ltd., Vontron Membrane Technology Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]