エネルギー貯蔵システム市場、2027年に344.46GW規模到達見込み

市場の概要

世界のエネルギー貯蔵システム市場は、2021年に196.14GWの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.20%のCAGRで成長し、2027年には344.46GW規模に達すると予想されています。

エネルギー貯蔵システム(ESS)は、放射線、化学、重力、位置、電気、潜熱、運動などのエネルギーを貯蔵し、後で有用な操作を実行するために使用できるように設計されています。電力供給の調整、より強靭なエネルギーインフラの構築、電力会社や顧客のコスト削減など、さまざまな技術的ソリューションを提供しています。さらに、温室効果ガス(GHG)の排出を最小限に抑えながら、電力網の効率と能力を向上させることができます。そのため、世界中の住宅、商業、公共事業、運輸の各分野で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

現在、地球温暖化や大気汚染、化石燃料への依存を減らすために、世界中でクリーンで再生可能なエネルギーの利用が増加しています。また、効率的なグリッド管理、恒常的な負荷管理、さまざまな組織への継続的な電力供給などの要求が高まっていることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、数カ国の政府は再生可能エネルギー技術(RET)に大規模な投資を行っています。これは、世界中で電気自動車(EV)の導入を促進するための政府のインセンティブが増加していることと相まって、市場の成長を促進しています。さらに、高効率、優れた温度性能、長期間の自己放電の少なさから、リチウムイオン電池の採用が拡大していることも、市場にプラスの影響を及ぼしています。これに加えて、先進的なエネルギー貯蔵システムとして、熱エネルギー貯蔵(TES)システムの建物への設置が増加しており、最終用途産業と市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。これとは別に、世界中で送電・配電ステーションが増加していることと相まって、電化が進んでおり、今後数年間にわたり、世界的にエネルギー貯蔵システムの需要を促進すると予測されています。

主要な市場区分

世界のエネルギー貯蔵システム市場は、技術、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

技術別の市場区分

揚水発電

電気化学ストレージ

電気機械式貯蔵庫

熱貯蔵

用途別の市場区分

定置型

輸送機器

エンドユーザー別の市場区分

住宅

商業

公共事業

市場の競合状況

世界のエネルギー貯蔵システム市場における主要な企業としては、Altair Nanotechnologies Inc., Eguana Technologies, Electrovaya Inc., Exide Industries Limited, Furukawa Electric Co. Ltd., General Electric Company, Kokam Ltd., LG Chem Ltd., Saft (TotalEnergies SE), Samsung SDI Co. Ltd., Schneider Electric SE, Showa Denko K. K., Tata Power Company Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]