食品トレーサビリティ市場、2027年に292億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の食品トレーサビリティ市場は、2021年に164億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.60%のCAGRで成長し、2027年には292億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。

食品のトレーサビリティは、サプライチェーンのすべての段階を通じて、食品とその原材料の動きを前方および後方から追跡することを支援します。これには、さまざまな食品と原材料の生産、加工、流通を文書化し、関連付けることが含まれます。食中毒の発生時に製品追跡を行う際、管理当局が製品の出所を迅速に特定し、どこで汚染が発生したかを特定するのに役立ちます。これにより、影響を受けた製品を市場から迅速に撤去することができ、食中毒の発生を減らすことができます。

市場の動向

グローバルなサプライチェーンの拡大に伴い、食品の安全性は消費者と規制当局の重大な関心事となっています。これは、食品汚染を原因とする死亡者数の増加と相まって、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。さらに、食品トレーサビリティは、安全上の危険の影響を継続的に最小化するのに役立つ、全体的にコストパフォーマンスの高い品質管理システムの一部として機能しています。また、製品の迅速な回収や責任の所在の確認と解決も容易になります。このほか、食品トレーサビリティは、食品加工業務における信頼の構築と確実性の向上にも役立っています。このように、最新の追跡手法に支えられたフードチェーン全体に関する情報の透明性に対する要求の高まりとともに、市場の成長を後押ししています。さらに、食品トレーサビリティにおけるブロックチェーン技術の導入が増加しており、食品の原産地を検証・認証する能力を高め、ブランドの信頼性を向上させることができます。さらに、不正を防止し、突発的な事態に対してより適切に対処する能力を高め、食品検査費用を最小限に抑え、利幅を拡大することができます。このことは、今後数年間にわたって世界の食品トレーサビリティ市場を牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界の食品トレーサビリティ市場は、技術、機器、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

技術別の市場区分

RFID/RTLS

全地球測位システム(GPS)

バーコード

赤外線

バイオメトリクス

機器別の市場区分

GPS搭載PDA

サーマルプリンター

2D/1Dスキャナ

タグ・ラベル

センサー

その他

用途別の市場区分

食肉・家畜

青果物・種子

乳製品

飲料

水産

その他

エンドユーザー別の市場区分

食品メーカー

倉庫・パックファーム

食品小売業

政府機関

その他

市場の競合状況

世界の食品トレーサビリティ市場における主要な企業としては、Bar Code Integrators Inc.、C.H. Robinson Worldwide Inc.、Carlisle Technology、Cognex Corporation、FoodLogiQ、Honeywell International Inc.、Impinj Inc.、International Business Machines Corporation、MASS Group、OPTEL Group、SGS S.A.、Zebra Technologies Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]