AIチップ市場、2027年に664億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のAI(人工知能)チップ市場は、2021年に96億4,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は35.20%のCAGRで成長し、2027年には664億米ドル規模に達すると予想されています。

AI(Artificial Intelligence)チップは、複雑な計算や数学の問題を解決し、ヒューマンエラーを最小限に抑えるためにAI技術を組み込んだ特殊なシリコンチップです。大規模な並列システムをシームレスに管理するために利用されます。AIチップは、AIアルゴリズムの学習や推論において、CPUよりも高速かつ効率的であるため、機械学習に広く利用されています。これらのチップは、機械学習のタスクを迅速に達成するために、大量のデータをより高速に処理する必要性に対応しています。また、操作性、プライバシー、セキュリティなどさまざまなメリットがあるため、スマートフォンに広く搭載されています。人工知能には、反応型機械、心の理論、自己認識、限定記憶の4種類があります。AIチップの用途としては、知能ロボット、音声認識、自律走行車、スマートハードウェアなどがあります。

市場の動向

AIチップ市場は主に、ソーシャルメディアやeコマース・プラットフォームの利用が増え続け、データ量の大幅な増加に繋がっていることが原動力となっています。その結果、世界中でAIチップに対する要求が高まっています。情報技術(IT)業界の多くのプレイヤーが効率的なプロセッサの開発に注力しており、これが市場の重要な成長要因として作用しています。また、ディープラーニングアルゴリズムの広範な応用と量子コンピューティングの登場は、市場に様々な成長機会をもたらしています。これに伴い、IoT(Internet of Things)機器に対するユーザーの関心が高まっていることも、市場に明るい展望をもたらす要因となっています。さらに、スマートホームやスマートシティの需要の高まり、AIスタートアップへの投資の増加、自律型ロボットの出現なども、市場の成長を後押しする要因となっています。

主要な市場区分

世界のAIチップ市場は、チップタイプ、テクノロジー、演算処理タイプ、アプリケーション、業種に基づいて細分化されています。

チップタイプ別の市場区分

GPU

ASIC

FPGA

CPU

その他

テクノロジー別の市場区分

システムオンチップ(SoC)

システムインパッケージ(SIP)

マルチチップモジュール

その他

演算処理タイプ別の市場区分

エッジ

クラウド

アプリケーション別の市場区分

自然言語処理(NLP)

ロボティクス

コンピュータビジョン

ネットワークセキュリティ

その他

業種別の市場区分

メディア・広告

BFSI

IT・通信

小売

ヘルスケア

自動車・運輸

その他

市場の競合状況

世界のAIチップ市場における主要な企業としては、Advanced Micro Devices Inc., Huawei Technologies Co. Ltd., Intel Corporation, LG Electronics Inc. (LG Corporation), Mediatek Inc., Micron Technology Inc., Mythic Inc., Nvidia Corporation, NXP Semiconductors N.V., Qualcomm Technologies Inc., SK hynix Inc., Toshiba Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]