副鼻腔拡張装置市場、2027年に49億米ドル規模到達見込み

市場の概要

副鼻腔拡張装置の世界市場は、2021年に29億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.8%のCAGRで成長し、2027年には49億米ドル規模に達すると予想されています。

市場の動向

鼻ポリープ、鼻気管チューブ、アレルギー性鼻炎、鼻中隔偏位、顔面骨異常、アデノイドの腫脹、口蓋裂などの要因により、慢性副鼻腔炎を発症する可能性が高くなります。このことは、高齢者の間でこれらの要因が顕著に増加していることと相まって、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、腫瘍、糖尿病、嚢胞性線維症、毛様体運動障害、Kartagener症候群、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染などの患者の増加も、市場の成長に寄与しています。さらに、一般的に小児は副鼻腔炎を含む急性気管支炎を発症するリスクが高いと言われています。このため、小児の健康に対する保護者の関心が高まっており、副鼻腔拡張術や副鼻腔拡張装置の需要が世界中で高まっています。加えて、従来の開腹手術に代わる低侵襲手術(MIS)の台頭も、市場にポジティブな影響を与えています。さらに、医療インフラの改善や新しい副鼻腔拡張装置を導入するための資金調達の増加は、市場プレイヤーに有利な成長機会を提供すると予測されています。

主要な市場区分

副鼻腔拡張装置の世界市場は、製品、施術、患者タイプ、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

・バルーン副鼻腔拡張装置

・副鼻腔インプラント

・ハンドヘルド機器

・内視鏡

・その他

施術別の市場区分

・スタンドアロン

・ハイブリッド

患者タイプ別の市場区分

・成人

・小児

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・外来手術センター

・その他

市場の競合状況

副鼻腔拡張装置の世界市場における主要な企業としては、Aetna Inc. (CVS Health Corporation), Dalent Medical, Innaccel Technologies Pvt. Ltd, Intersect ENT Inc., Johnson & Johnson, Karl Storz SE & Co. KG、Medtronic plc、Meril Life Sciences Pvt. Ltd、Olympus Corporation、Sinusys Corporation、Smith & Nephew plc、Stryker Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]